ダウ理論を理解するとFXを始めよう

「FXで稼ぐにはダウ理論を理解することが大切と聞いたけど、実際どうなんだろう?ダウ理論の基礎から使い方まで知りたいな。」

と考えている方に向けての記事になります。

FXにはたくさんの手法がありますが、多くのFX初心者トレーダーが知識を持たずに独自の手法を開拓します。

そして失敗してしまうのです。最悪の場合は借金を負うなんてこともあります。

この記事を読んでいるあなたは優秀です。負けるトレーダーの多くはダウ理論さえも知らないで損失を出しているのです。

ダウ理論について知り、実践できるようになれば利益率は大きく上がるでしょうし、様々な手法に挑戦できるはずです。

今回は、FX未経験者や初心者の方に向けて、

・ダウ理論とは?
・ダウ理論がオススメな理由

この2点だけでなく、

・実践的にダウ理論を使うためには?
・実践する際の注意点

についても書いています。ぜひこの記事を読んで稼げるトレーダーになりましょう。

FXで役に立つ!ダウ理論とは?

最初に、まずダウ理論について基礎から説明していきます。

そもそもダウ理論とは、チャールズ・ダウ氏が提唱した理論のことを言います。

ダウ理論はFXに限らず、値動きのある相場であれば、どの分野であっても通用する理論です。

チャールズ・ダウ氏は、「市場の値動きには特徴的な癖がある」と言っています。この癖について、ダウ理論では次の6つの基本法則があるとしています。

その6つの基本法則とは、

・「平均はすべての事象を織り込む」、
・「トレンドには3種類ある」
・「主要トレンドは3段階ある」
・「平均は相互に確認されなければならない」
・「トレンドは出来高でも確認されなければならない」
・「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」

などです。

為替の値動きは一見するとランダムに動くチャートですが、その中身はこの6つの基本法則で構成されているというのがダウ理論となります。

ダウ理論の基本法則を理解することで、チャートの今後の動きを予測しやすくなります。

少し難しいと感じる方も多いと思うので、この6つの法則をかいつまんで要約すると、

「トレンドというのは明確に転換したというサインが出ない限り、現在のトレンドが継続する」とのことです。

例えば上昇トレンドが発生している時は、下降のサインが出るまで上昇します。下降トレンドが発生している時は、上昇のサインが出るまで下降し続けます。

つまり、トレンドというのは常に継続する傾向があるのです。そのため、トレードをする時は、現在のトレンドの方向性に従って売買をした方が良いということです。

ここまで読めば、ダウ理論の基本的なことはわかっていただけたと思います。次の章ではダウ理論がオススメである理由について紹介していきます。

手法の中でもなぜオススメできるのか?

特別な事情でもない限り、FXではダウ理論に従ってトレードをした方が良いです。なぜなら、勝率が高いからです。

ダウ理論というと難しい理論だと感じる方もいますが、言っていることは非常にシンプルで、ごく当たり前のことです。

なにしろダウ理論では、上がっている時に買い、下がっている時に売れと言っているのですから、レンジ相場に引っかからない限り、負ける確率は低いでしょう。

そんなダウ理論のような、当たり前の考えだけで勝てるのでしょうか?

ダウ理論だけで勝てる?

もしも完璧にダウ理論通りにトレードをすることができれば、それこそダウ理論だけで勝つことはできます。

上昇トレンドが発生している時に買い、下降トレンドが始まったら今度は売りを入れるだけなので、負ける要素がありません。

ダウ理論の通りにトレードをしている限り、安定した利益を狙えるでしょう。

他にもダウ理論がオススメである理由はあります。

転換後のトレンドがわかりやすい

ダウ理論を理解すると、今後はチャートのどの部分でトレンドが転換したのかがわかるようになります。

上昇トレンドから下降トレンドに転換しているにも関わらず、ダウ理論の原則を無視して上昇するだろうと判断して下降トレンドに巻き込まれることで負けてしまうトレーダーは多いです。

その反対で、下降トレンドに入ったことを確認してから新規売りを入れれば、その後の下降トレンドに乗ることで利益を得られるわけです。

転換ポイントを知ることで、トレンドの波に乗り、トレードで勝つことができます。

その逆で転換ポイントを知らずにそのままトレードを続けると、大きく損する恐れがあります。

流れが変わっていることに気付くので、不要な損失を避けることができます。

またダウ理論を理解すると、次のステップに進むことができるはずです。

テクニカル分析の基礎

テクニカル分析は、ダウ理論を基に分析をするものです。たとえ逆張りをするにせよ、トレンドがどこに向いているのかを知る必要があります。

順張りをするにせよ、逆張りをするにせよ、トレンドはどこから始まり、どこで終わるのかを知らなければなりません。

そのトレンドの始まりと終わりを知りたい時に、ダウ理論が役立ちます。

ダウ理論は、テクニカル分析をする上で土台となる知識です。

これを知らないと、移動平均線やMACDの使い方を知っても、効果を発揮することはできないでしょう。

まずはダウ理論を学び、その上でインジケーターの使い方を学びましょう。

そうすることでテクニカル分析の技術が上達し、より勝率の高いトレードができるようになるのです。

トレーダーとして成長するにはダウ理論を理解することが必須です。

チャートで解説!使い方と分析方法

ダウ理論では、直近の高値もしくは安値をブレイクしている限り、そのトレンドは継続していると判断されます。

そこで今回は、移動平均線とダウ理論を使った手法を紹介します。

今回は押し目買いもしくは戻り売りでエントリーをするというルールで、売買のタイミングを解説します。

まず、以下のチャートをご覧ください。

このチャートでは、短期線が長期線を途中で上から下にクロスしています。赤丸で囲った部分がそれです。このクロスしたタイミングより、トレンドが上昇から下降に入ったと判断できます。

下降トレンドに入ったので、ダウ理論に従い、直近の安値をブレイクするポイントを探ります。

今回は黄丸で囲った部分を直近の安値とします。

この直近の安値に対して水平ラインを引き、サポートラインをチャート上に描きます。

サポートラインを引いた後に、ローソク足が水平ラインを上から下に割りました。ここをブレイクアウトしたポイントということで、売り注文を入れます。

その後、含み益が出ている間にポジションを決済すれば、このトレードでは勝利となります。

ただ決済できれば、勝利という話です。もしあなたがもっと利益を大きくしたいと考えて、決済するのを後回しにしてトレンドが転換してしまった場合は勝利にはなりません。

むしろ損失になってしまう危険性もあります。

ある程度の含み益が出たら、まず決済をしましょう。トレードは、決済をすることではじめて利益が確定します。

ダウ理論でトレードをする際には、同時に利確のルールも決めておきましょう。利確のルールを決めておくと、利益の安定化を図ることができます。

インジケーターは転換に注意

ダウ理論は確かに役立つ理論です。ダウ理論を聞いたことがないトレーダーで稼いでいる方はいないと言えるほどです。

ダウ理論通りに実践できれば、利益を出すことはFX初心者でも難しくないでしょう。

問題は、どうすればダウ理論を実践できるのか、その方法にあります。

確かに過去のチャートを見れば、どこがトレンドの転換点なのかは一目瞭然です。

しかし、過去のチャートをいくら見たところで、現在のトレンドの転換点を探ることはなかなか難しいです。

相場というのはリアルタイムで動いています。

ダウ理論を活用することで売買のポイントを見つけることができたとしても、実際にトレードをする頃には既にトレンドが終了していたというのでは意味がありません。

かといって、24時間常にチャートを監視し、エントリーのポイントが出るまで待つなんてことはできません。

若く、時間が余っている方ならばできなくもないのですが、仕事がある方ともなると24時間チャートを監視することなんて不可能です。

では、どうすればダウ理論を活かしたトレードができるのでしょうか?

ダウ理論をいくら勉強したところで、エントリーのポイントが出現する時間帯を予測することは不可能です。

それならば、エントリーのポイントが出やすい時間帯だけに的を絞ってトレードをしましょう。

ロンドン時間とニューヨーク時間と言われている時間帯は、値動きが激しく、エントリーのポイントが頻出します。


ロンドン時間:日本時間の16時から24時
ニューヨーク時間:日本時間の21時から6時

24時間のうち、この特定の時間帯だけに絞ってダウ理論を活用すれば、24時間チャートを監視せずとも、少ない労力でトレードができるようになります。

日中は本業で働いているトレーダーは、21時から24時の間だけチャートを見て稼いでいる方が多いです。

また、トレードをする時間帯を決めるのと同時に、損切りと利確のルールも事前に決めておきましょう。

確かにダウ理論は、役に立つ手法ですが、万能ではありません。突発的なニュースや事故があると、トレンドが転換し逆方向に動き出します。

もしも予測が外れた時のために、損切りのルールは絶対に作っておいてください。

損切りのルールを作り、そのルールを順守している限り、突発的な事態が発生しても、損失を最小限に抑えることができます。

同様に、取引をする前に利確のルールも必ず作りましょう。

ダウ理論でも言っているように、トレンドというのは反転するまで継続します。つまり言い換えると、いつかは反転しトレンドが終わることを意味します。

含み益が出ているにも関わらずもっと利益を出そうと放置をしてしまうと、いざ相場の転換が発生した時に、含み益を無くすばかりか、含み損を抱えてしまう恐れがあります。

トレンドが転換する前に、利確をしましょう。

FXで利益を出したいなら、勝てている時に利確をし勝ち逃げしましょう。FXで利益を出すコツは、勝ち逃げです。

利益を出したらその日のトレードを終え、次の日まで待ちましょう。儲かって欲深くなるあまり、何度も何度も取引をしようとすると、逆に深みにハマって失敗するものです。

FXを始める人の多くがお金目的なのでしょうが、欲深くなることは禁物です。常に冷静に、リスクの範囲内で取引をしましょう。

冷静に取引をしている限り、ダウ理論は効果を発揮してくれるでしょう。しかし、冷静さを欠き、感情的な取引をすると、せっかくのダウ理論も効果を発揮できず、失敗に終わる恐れがあります。

ダウ理論を用いる際には、自分は本当に冷静な取引ができているのか、一度自分に問いかけてみましょう。

感情的にならず、常に冷静な取引をすることが、FXで利益を出すための最低条件でもあります。

ダウ理論を覚えたところで稼げるようになるわけではありません。

ただダウ理論を覚えなければ、確実に負けます。ぜひダウ理論を実践して冷静にトレードするようにしましょう。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX



GEMFOREX
・最大レバレッジ1000倍
・豪華なキャンペーンやボーナス
・アジアベストブローカー賞受賞
・人気ナンバーワンのFX業者
XM.com



XM.COM
・レバレッジ888倍まで可能
・業界トップクラスの約定力
・利用者数ナンバー1
TITANFX



TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジ
・高い約定力でリクオートなし
・スプレッドが業界最狭水準
AXIORY



AXIORY
・最大レバレッジは400倍
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールが2種類選べる
LANDFX



LAND FX
・最大レバレッジは500倍
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なボーナスでお得に始められる

PAGE TOP