副業投資でFXを始めて今の年収を超えるために

「FXで年収はどのくらい稼げる?」
「専業トレーダーになるためには、どのくらいの年収が必要?」

などFX初心者の皆さんあれば、FXと年収について知りたいと思いますよね。そこで今回はFXと年収について記事を書きました。

ちなみに日本人の平均年収はみなさんご存知でしょうか?

最新の情報では、日本人の平均年収は422万円となっています。最新なので平均年収が変動する可能性がありますが、男性の平均でも512万円いう結果です。

出典:平均年収.jp

日本人の平均年収から考えると、FXで専門・プロトレーダーになりたければ、この500万円程度を最初の目標にするべきです。

ただFXトレーダーを含む投資家は、もっと多くの資金を稼ぐことが可能です。1億円トレーダーなんてざらにいます。

加えて会社に縛られることなく、自由な生活もできます。仕事のできない上司と関わることも、朝早くからの満員電車に乗ることもなくなるのです。

しかし最初から年収1億円や自由な生活ができることはありません。夢の実現には経験が必要です。

今現在、プロトレーダーとして年収1億円以上稼いでいる方も最初は副業としてFXを始めたケースが多いです。

FXで今の年収より高いお金をもらいたいと考えている方でも、最初のうちは本業の給料をもらいながら、副業としてFXで年収を増やしましょう。

また税金の説明でも書きますが、FXを副業でやっても会社にばれることはありません。自分で言わなければですけどね。

副業で始めるFX初心者の元手資金と利益目標

先ほども書いた通り、FXは最初から専業トレーダーとして始めるべきではありません。

稼がなければ生活できないという状態でのFXはハラハラドキドキで、ギャンブラーには楽しいかもしれませんが、オススメはしません。まずは副業としてFXを始めたほうが、冷静にトレードできます。

では副業で始めるなら元手はどれくらいがいいのでしょうか?

元手については、あなたの経済状況にも異なります。

ちなみにあなたは最悪いくらまでならなくなっても、仕方がないと考えることができますか?

1万円、5万円、50万円。人それぞれ違うと思います。このあなたが、最悪なくなってもいいと考えることができる金額こそFXを含めた投資で準備すべき元手資金の目安です。

副業でFXを始めるなら尚更です。なくなっていいお金(投資の世界では余剰資金という。)でリスクを抑えてFXを始めなければ夢のプロトレーダーにはなれません。

ですが、早くFXで年収以上の利益を出したい方は資金を増やしたほうが良いのでは?と思う方もいると思います。

元手資金が多ければ多いほど、利益額も多くなりますから。次の章で説明していきます。

利益を求めてFX初心者の頃から無理した資金だと負ける

なぜ投資(FX)は余剰資金で行うべきなのか?一緒に考えていきましょう。

例えばあなたがサラリーマンの平均年収である、年収500万円にもかかわらず利益を求めて100万円をFXに投資したとします。

あなたは元手資金を無理して多くしているので、FXで毎月20万円の利益を出さなければローンが払えません。

こんな状態で冷静にチャートを見て、トレードすることができると思いますか?

FXは冷静にトレードしなければ確実に負けます。

・多く利益を出したい
・大損したから取り返したい
・生活が懸かっているから儲けたい

こんな感情を抱いて、FX初心者のうちから本業の年収を超えるトレーダーはいません。冷静にチャートやニュースを見て、取引注文できる環境が余剰資金でFXを行うことがオススメされる理由なのです。

なのであなたもまずは本業の年収とのバランスを考えてFXを始めましょう。

元手資金は年収を考慮して決めるとして、次に決めるべきは利益目標です。

FX初心者は利益率を重視すべし

FX初心者の方は最初のうちは利益額よりも利益率を意識しましょう。

利益額だと、あなたの余剰資金によって難易度がかなり変わってきますよね。

例えば元手資金が1000万円の方が10万円の利益を出すのと、元手1万円の方の利益10万円は難易度が全く違います。

1000万円の元手資金があるならば、10万円の利益を出すには利益率1%で済みます。

これならリスクを全くとらなくても達成可能でしょう。

一方、元手1万円で利益10万円を出すには利益率1000%を出す必要がありますよね。

このようにFX初心者のうちは、利益額を意識してトレードしてしまうと目安になりません。

そこで利益率です。

利益率なら元手資金がどんな額であろうと同じ目安でFXを行うことができます。

FXで本業に年収を超えて、専業トレーダーになりたいのであれば利益率を意識してください。

FX初心者のうちは1か月に10%の利益率を目標にしましょう。

つまり元手10万円なら1万円、100万円なら10万円の利益額になりますね。

利益額に直すと少ないと感じる方も多いかもしれません。

しかしまずは最初の段階です。

利益率を意識して、FXの経験を積みまよう。

FXでサラリーマンの平均年収を超えるために

・余剰資金でFXを始める
・利益率を意識する

この2点を考えてFXトレードを行っていきましょう。次の章からはある程度FXに慣れた際に気を付けるべきことを紹介していきます。

【追記】目標となる専業トレーダーの利益額と利益率

プロトレーダーの多くは利益率20%を目標にFXを行っています。

利益率20%で年収500万円(月に約40万円)となると、

40万円÷1.2=33.33万円

プロトレーダーになるには30万円ほどの資金が必要というわけですね。

FXはレバレッジがありますので、利益率は高く狙いやすいです。

あくまでも最初からこの元手資金で利益率20%を達成しろ!というわけではありません。

FX初心者の頃は、余剰資金で利益率10%を目標にすることをオススメします。

慣れたからって年収1億円を狙うと負ける

この見出しでは、あなたがFX初心者の段階を卒業して、ある程度FXで成功した経験も負けた経験も積んだとします。

目安の期間は、これも人によってなので断言することはできませんが1ヶ月から1年くらい経ったらFX初心者の段階は卒業と言えるのではないでしょうか。

ただ慣れてきたとはいえ、そんな簡単に年収1億円を狙うと負けます。

冷静に考えてください。サラリーマン1年目が終わった時点で、年収1億円を狙いますか?

ではどのくらいの利益を出したら、専業トレーダーになることを考えてもいいのでしょうか?

月20万円&月利10%なら本業も考え始める

月20万円の利益が平均して稼ぐことができ、1ヶ月の利益率が10%を平均して出せるようになれば会社をやめて専業トレーダーの道を選ぶことも視野に言えるべいです。

月20万なら、年収240万円と物足りないかもしれませんが今の仕事が嫌いなら会社をやめてもいいでしょう。貯金とFXで生活はできますし、冷静にトレードする習慣もついています。

給料を得ることができなくなるリスクはもちろんありますが、FXには夢があります。

そこで専業トレーダーについてもっと知って、自分が専業トレーダーになるイメージを膨らませていきましょう。

知る必要がある!専業トレーダーとは

本当のプロトレーダーの1日はあまり公開されていません。

稼いでいるトレーダーは時間を気にします。

確かにFXは24時間トレード可能ですが、時間によって市場の特徴が異なります。

トレード時間の説明をしながら、プロトレーダーの本当の1日のスケジュールを見ていきましょう。

11時 起床夜がニューヨーク時間といって値動きが激しい時間帯になります。

これはこの時間に利益を狙う大口投資家がポジションを作り始めることが原因です。

日によっては、ニューヨーク時間が終わる早朝までチャートを見ているときもあります。

なので起床時間はゆっくりしています。

朝起きたら、

・前日のトレード結果の反省
・ニュースのチェック
・チャート分析

を行います。

15時までは東京時間で為替の値動きがあまり激しくありません。

なのであまり取引注文することは少ないですが、指値注文を中心に注文するときもあります。

 

15時以降 本格的にトレード開始15時から21時は大口投資家がポジションを新規に作り始めるため、取引量が多くなります。

取引量が多くなるということは、少数の力で値が動かないので値動きに信頼性があります。

つまりダミーの動きが少ないということです。

FX初心者でも利益を出しやすい時間帯だと言えますね。

もちろんこの時間帯に夕飯を食べたりもしますが、必ず逆指値注文で損切りできる準備を行います。

 

21時 ニューヨーク時間の始まりニューヨーク時間の説明は先ほどしました。

指値注文をして早めに寝ることもありますし、チャートを見続けることもあります。

 

普段はこのような毎日を過ごしています。

時間帯によって為替には特徴があるので、為替によって生活が変わります。

年収1億円以上のFXトレーダーも同じような生活をしています。多くの投資家がデイトレーダーなので多くの取引は1日で終わります。

またイメージを膨らますためにも、知っている芸能人で年収1億円以上を投資で稼いでいる方も知っておくべきです。意外な名前が多いと思いませんか?

年収1億円以上の芸能人投資家

投資で稼いでいる芸能人として、ボビーオロゴンさんやキャイ~ンの天野さん、元衆議院議員の杉村太蔵さんが挙げられます。

投資なんてしてなさそうな芸能人が1億円以上稼いでいるのです。

少し失礼な言い方になりましたが、意外な方々がFXを含む投資を行っているのです。

FXは夢がある世界です。ただ日本人の8~9割が負けているとも言われています。

FXで本業の年収を超えるためには、段階を踏む必要があります。段階を踏むからこそFXの知識を実践的に得ることができるのです。

まず元手資金と利益目標について考えていきましょう。

1番大切なことは稼ぎ急がないこと

ここまで読んできて気づいた方もいると思いますが、FXでは稼ぎ急ぐことは厳禁です。

・簡単に大金を得たい
・借金を取り返したい
・FXで生活費を賄いたい

など思って、利益を1年間出し続けたトレーダーがいるなら会ってみたいです。

そのくらいFXは欲を出すと負けます。そしてそんな気持ちでFXを始めても、1回の失敗で諦めてしまう方が多いです。

はっきり言います。FXは1回も失敗しないで年収1億円のプロトレーダーになるのは不可能です。

彼らのブログなどを見て、調べてみればわかりますが、稼いでいるトレーダーは1回は多額の損失を出しています。

つまり成功には失敗が付き物なのです。失敗があるからこそ更なる知識を得ることができ、次に生かすことができるのです。

「FXは簡単に稼げる!」

と思っている方はFXを始めるべきではありません。

本業の年収をFXで超えるにはそれ相応の覚悟と失敗が必要なのです。そのためにもFX初心者のうちは、余剰資金で始めることや利益率を意識することが重要になってきます。

まずはお小遣い稼ぎ程度の利益を目指しましょう。またFX初心者の方が副業でFXを始めるために、オススメしたい会社があります。

FX初心者の方が年収を高くしたいのならGEMFOREX

FXで年収を高くしたいと思っているのならば、口座開設をどこでするかは重要です。

口座によっては利益を出したにも関わらず、出金ができなかったり注文を拒否されたりすることもあるので気を付けたいですね。

私がおすすめするのは、海外FX業者のGEMFOREXです。

あまり聞いたことがない海外FX業者ですが、国内FX業者にはないメリットがたくさんあります。

簡単に説明すると、海外FXでは元手資金以上の損失をすることはありません。国内のFX業者だと、急激な為替変動が起こると借金を背負ってしまう可能性があるのです。

せっかく年収を増やしたいと思って、FXを始めたのに借金を背負うなんて嫌ですよね。

また他には、国内のFX業者は金融庁の規制により最大レバレッジが25倍と規制されています。2019年にはさらに規制が厳しくなり、最大レバレッジは10倍にまで制限されてしまいます。

ですが、海外FXでは金融庁の規制を受けることはありません。おすすめランキング1位のGEMFOREXならレバレッジは1000倍まで可能です。

レバレッジは高いとリスクという情報を聞いたことがある方もいるかもしれません。しかしそんなことはありません。むしろリスクを抑えるためのレバレッジなのです。

海外FXについてもっと知りたい方は下のリンクをクリック!

おすすめのGEMFOREXで口座開設したい場合は下のボタンをクリック!

→海外FXのメリットが知りたい方はこちら

 

【追記】稼ぐために知っておくべき複利と税金

年収をFXで多くするには複利で行うべきです。単利でFXを行う方は馬鹿とも言えるほど、利益が変わってきます。

複利運用とは元手となる資金だけでなくそこから得られる利益を含めて運用するため、利率はどんどん大きくなっていきます。

例えば100万円の資金で、利回り10%の運用していたとすれば複利運用のイメージは次のようになります。

年数 資金
1年 110万円
5年 150万円
10年 260万円
15年 420万円
20年 670万円
25年 1080万円
30年 1750万円

時間はかかりそうですが、複利ではなく単利でFXを行っていたら年収はかなり変わってきます。また損してしまったときも複利の方が損失を抑えることもできます。

年収を上げたい方は確実に複利でFXを行うべきです。

そして稼いだときに知っておく必要があるのが税金についてです。

海外FX業者と国内FX業者で税金の仕組みが異なりますので、どちらも紹介していきます。

まずオススメの海外FX業者では、総合課税になっているので利益によって税率が変わってきます。

課税対象の所得金額(課税所得額) 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円以下 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 636,000円
900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

このように総所得が多ければ多いほど課される税金額は多くなっていきますね。ちなみに税金額を知るための計算式は「課税所得額×税率-控除額=税金額」になります。

一方国内のFX業者は申告分離課税なので一律20%までと決められています。

海外FXのデメリットとして、この税率が高くなる可能性が挙げられます。

ただ稼ぎやすさや安心度で言えば、確実に海外FX業者がオススメです。

どちらにしろ、税金によって会社に副業がばれることはありません。国内FX業者では脱税防止のため、マイナンバーの提出が義務付けられていますが自分で税金を払いに行けばばれることはないのです。

海外FX業者はマイナンバーの提出が必要ないことからも、利用者が増えています。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX



GEMFOREX
・最大レバレッジ1000倍
・豪華なキャンペーンやボーナス
・アジアベストブローカー賞受賞
・人気ナンバーワンのFX業者
XM.com



XM.COM
・レバレッジ888倍まで可能
・業界トップクラスの約定力
・利用者数ナンバー1
TITANFX



TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジ
・高い約定力でリクオートなし
・スプレッドが業界最狭水準
AXIORY



AXIORY
・最大レバレッジは400倍
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールが2種類選べる
LANDFX



LAND FX
・最大レバレッジは500倍
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なボーナスでお得に始められる

PAGE TOP