なぜ米雇用統計がFX初心者にオススメなのか

「FXで米雇用統計を使えば、効率よく稼げるって聞いたけど本当なのか?」

と思う方は多いです、結論から申しますと米雇用統計で数秒間で100万円の利益を出しているトレーダーがたくさんいます。

FXで利益を出すためには、経済指標を押さえておくことは非常に大切なのです。経済指標、特に米雇用統計を理解しておくことで大きく稼げる可能性は大きく上がります。

為替の世界では毎月、世界中で膨大な量の経済指標が発表されます。数ある経済指標の中で、FXにおいて一番重要なのは、米国の雇用統計という指標になります。

米雇用統計ってなに?という方も安心してください。

この記事では、

・米雇用統計の基礎知識
・なぜFXで効率よく利益を出すことに繋がるのか
・実際どう使えば良いのか
・米雇用統計の注意点

を分かりやすく解説していきたいと思います。それでは本文に移っていきましょう。

FXで重要な米雇用統計という経済指標

アメリカ(米国)の雇用統計とは、米国の労働省が毎月第1金曜日に発表(夏時間は日本時間21:30、冬時間の時は、22:30)する、米国の雇用情勢を調べた景気関連の経済指標の事を言います。

雇用統計は、アメリカだけが発表している指標ではなく、FXで人気なオーストラリアなど世界各国が発表している経済指標になります。

しかしアメリカの雇用統計の影響が一番大きいのはやはりアメリカが世界経済の中心であることの証拠でしょう。

雇用統計は、失業率や非農業部門就業者数、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給などの10数項目の数字が発表されます。

この10項目の中でも特に注目されているのが、失業率非農業部門就業者数です。この2つの数字が予想よりも良ければドル高になりますし、予想より悪いと円高になるのです。

この失業率と、非農業部門雇用者数はFOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策の決定にも大きな影響を与えます。

なお毎月、米雇用統計に先だって、消費者信頼感指数やISM製造業景気指数やADP雇用統計などでも雇用関連の数値の発表があります。

これらを参考に様々な思惑で取引が行われ、米雇用統計に向けてマーケットは大きく盛り上がっていくことになります。

雇用統計発表の日には、各FX会社がリアルタイムで著名なFX評論家などを招いて雇用統計の解説するなど、FXの世界では一大イベントになっています。

なぜ発表の時間が稼ぎやすいのか

米雇用統計が世界中の数ある経済指標の中で一番重要であることは分かっていただけたかと思います。

ではなぜ世界中の投資家が、米雇用統計に注目をしているのでしょうか。それは、ずばり米雇用統計は稼げるからです。なぜ稼げるのか、理由を3つに分けて説明します。

短時間の予想でも大きな利益が期待できる

米雇用統計発表直後は、大きく米ドルは動きます。予想よりも強い数字であれば、ドル高に大きく振れますし、逆に予想よりも、弱い数字であれば、米ドルはドル安に大きく振れます。

米雇用統計は、その振れ幅が非常に大きいのです。動きが大きい時だと雇用統計が発表された直後から1秒でドル円が1円動くこともあります。

値幅がこれだけ大きいので、予想通りうまく為替が動いた場合は30秒で100万円儲かることも十分あります。

資金管理は厳密に行う必要はありますが、1か月に1回の大きく利益を出すチャンスなのがアメリカ雇用統計です。

雇用統計で一番値動きがあるのは、発表直後から10分程度ですが、その後も平常時に比べると大きく為替は動くので利益を取るチャンスは十分にあります。

雇用統計が発表される30分前から発表後1時間は目をそらさずしっかりチャートを注視する必要があります。繰り返しになりますが30秒で100万円の利益をとれる可能性が十分にあるのです。

一般の方の給料の3ヶ月分くらいになると思うので集中してアメリカ雇用統計に臨みましょう。

付き合いで飲み会がある人も多いかもしれませんが毎月第一金曜日は極力早く仕事を終わらせて米雇用統計に備えてください。

事前に上昇するか下落するかの結果は分かる

雇用統計の前には、先ほども書きましたが、消費者信頼感指数や、ISM製造業景気指数やADP雇用統計など本番の米雇用統計の前哨戦になる経済指標がいくつもあります。

これらの事前に発表されている指標と米雇用統計は大きく結果が異なることは少ないので、ある程度値動きを予想することは出来ます。

また、米雇用統計の結果は直前のドル円の動きからも十分予想出来ます。事前の予想やニュースも重要ではありますが、最後は直前のチャートの動きが非常に重要になります。

事前のチャートが徐々に上昇していれば、雇用統計の結果が良いことが多いですし逆に事前のチャートが徐々に下がっていれば、雇用統計の結果が悪いことが多いので参考にしてみてください。

米雇用統計の値動きを予想するポイントは、直前のチャート、事前の経済指標の結果になります。

どちらも非常に重要ではありますが最後はやはり直前のチャートの動きを優先した方が良いかと思います。

両建てスキャルピングで後出しじゃんけん

雇用統計など値動きが大きいときに、威力を発揮するのが「両建て」です。

両建てとは買いも売りもどちらにもエントリーしておき、値動きが決まったら一方を損切りし、もう一方の利益を伸ばします。

つまり、FXの世界では後出しじゃんけんが可能なのです。雇用統計など、値動きが大きくなる指標の前にこの手法を使うことは非常に有効になります。

スキャルピングとは、値動きが出た段階で、すぐに利益確定、損切りを行う方法です。雇用統計は発表直後に大きく値動きが出ますので、値動きが出た瞬間に損切りを行うのです。

そうすれば利益を大きく伸ばすことが出来ます。一方に動いた後は、一方に動き続ける傾向があるので両建てスキャルピングを米雇用統計時に使うことは有効な手法です。

しっかり利益を伸ばすために、また損失を最小に抑えるためにも雇用統計の発表前後は、一瞬たりとも目をはなさず、値動きの推移を見守る必要があります。

米雇用統計は、FXで利益を出しやすいですが注意する点はないのでしょうか。

急激な値動きの影響で注意すべき点は?

米雇用統計は、数ある経済指標の中でも最も重要な経済指標になります。発表直後の為替は変動幅が大きいときは1円以上動くことは説明しました。

これだけ値動きが大きいので注意すべき点はやはりあります。それは利益確定、損切りのポイントをどうするかです。

FXに限らず投資の大原則は、利益は大きく、損失は小さく、これを利大損小と言います。投資の原則は利大損小なのです。

この利大損小の原則を守るためにあらかじめ利益確定のポイント、損失確定のポイントを決めておく必要があります。

このポイントを決めておかないとFXにおける雇用統計は大きく損失を被る可能性があります。なぜなら人間は損失が拡大するのを嫌がり、利益を取り逃したくない生き物だからです。

これは本能としてあるので、しっかり利益確定のポイント、損切りのポイントを決めておかないと大やけどする可能性があるのです。

大やけどせず、大きく利益を取るためにおすすめなのが、あらかじめ利益幅を50pips、(pipsとは単位のこと。ドル円でいうと50銭のことです。)損切りの幅を20pipsとそれぞれに指値、逆指値を入れておくことです。

指値とは予想通り為替が動いたとき自分で設定したポイントまで為替が上昇すれば自動的に解約される値のことです。

逆指値は指値の逆で、予想外に為替が動いたときにあらかじめ決めた値で自動的に損切してくれる値のことを言います。

指値、逆指値などを入れなくても自分で出来るという人もいるかと思います。

しかし、人間その状況に立つと当初思っていた風には動けないものです。

あらかじめ指値を50pips.逆指値を20pipsに入れておけばしっかり資産を守り利益を出すことが出来るので是非参考にしてください。

もう一つの注意点は、米雇用統計発表前後はスプレッド(売値と買値の差のこと。)が大きく動く可能性があることです。

スプレッドが大きく開きすぎてしまうと、予期せぬポイントでの利益確定、損切りになってしまいます。これを防ぐにはスプレッド幅の少ないFX業者を使うことです。

FX業者と言ってもたくさんありますがおすすめは海外FX業者です。国内FX業者に比べスプレッドが開きにくい特徴があるので是非海外FX業者での取引を試してみてください。

米国の雇用統計のまとめ

ここまでFXにおける米雇用統計についてまとめてきました。

おさらいをすると米雇用統計とは、アメリカの労働局が発表する雇用関係の指標のことで数ある経済指標の中で最も為替が動くと言われる重要な指標になります。

雇用統計には約10の発表項目があり、そのうち特に重要なのが失業率と非農業部門就業者数でしたね。

事前予想とかい離があるときなどは雇用統計発表後の1秒で1円の値動きをすることもざらにあります。

FXで利益を取るには、値動きがあることが重要なので雇用統計は利益を取るには最適の指標と言えます。

しかも、雇用統計は前哨戦であると消費者信頼感指数や、ISM製造業景気指数やADP雇用統計と連動することが多いです。

また米雇用統計発表前の直前のチャートは非常に重要です。

直前のチャートが徐々に上昇していれば、米雇用統計の結果が良いことが多いですし逆に事前のチャートが徐々に下がっていれば、米雇用統計の結果が悪いことが多いのです。

このようにアメリカの雇用統計は過去の値動きをしっかり研究されていますし事前の予想も非常に多いのである程度値動きを予想することが出来ます。

しかしそれでも注意点はあります。

利益確定·損切りの幅をあらかじめ決めておくことが重要です。おすすめの利益確定·損切りの幅は、利益確定が50pips、損切りの幅は20pipsにしておくことです。

またもう一つの注意点として米雇用統計発表前後はスプレッドが広がる可能性があるのでスプレッドの広がりにくいFX会社を使うことが重要です。

おすすめのスプレッドの広がりにくいFX会社は、国内FX会社ではなく、海外FX会社になります。

米雇用統計を利用してFXで稼ぐにはいくつかの注意点はありますが値動きが大きく出るため大きく稼げる可能性のある経済指標になります。

ぜひFXでしっかり利益を出したい方は、アメリカの雇用統計を利用してしっかり利益を出していきましょう。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX



GEMFOREX
・最大レバレッジ1000倍
・豪華なキャンペーンやボーナス
・アジアベストブローカー賞受賞
・人気ナンバーワンのFX業者
XM.com



XM.COM
・レバレッジ888倍まで可能
・業界トップクラスの約定力
・利用者数ナンバー1
TITANFX



TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジ
・高い約定力でリクオートなし
・スプレッドが業界最狭水準
AXIORY



AXIORY
・最大レバレッジは400倍
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールが2種類選べる
LANDFX



LAND FX
・最大レバレッジは500倍
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なボーナスでお得に始められる

PAGE TOP