メリットを解説!海外FX業者と日本の業者を比較

海外FXを日本の業者と比較しながらメリットを解説

ケンタ
海外FXにはメリットがあるのかな?

ケンタと同じように、海外FXのメリットについて気になる方は多いです。しかし海外の業者ってリスクがあるイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

実際FX初心者の方で最初から海外FX業者で口座開設する人は少ないです。なぜなら知名度が低いから。

ただ稼いでいるトレーダーのほとんどが海外FX業者で口座開設し、取引しています。

日本のFX業者と海外のFX業者では、レバレッジ規制の問題やゼロカットボーナスやマイナンバーなどたくさんの異なる点があります。

意外と思う方もいると思いますが、日本のFX業者より海外の業者の方がリスクを少なくしてトレードできます。

ナナミ
この記事を読めば、海外FXのメリットが完璧にわかるわ。
ケンタ
よーし読んでいこう。

海外FXのメリットで取引が有利になる

海外FXはメリットがたくさんある

ケンタ
まず海外FX業者と日本のFX業者との違いを教えてよ。

ナナミ
大きな違いは日本の金融庁の規制を受けるかどうかよ。

日本のFX業者では経営していくために、金融庁の規制に従わなければなりません。しかし海外FX業者は日本で金融ライセンスを取得していないので、金融庁の規制に従わなくて良いのです。

日本で金融ライセンスを取得していないだけであって、他の国でライセンスを取得している海外FX業者が多いです。

金融庁の規制がかからない分、海外FX業者にはメリットがあります。

まずその金融庁の規制で日本の業者では行えない、海外FX業者のメリットを挙げていきます。

レバレッジの規制がない

国内FX業者では最大レバレッジが25倍と決められていて、今後10倍になると言われています。

→レバレッジ規制についての最新情報

海外FX業者では最大レバレッジが1000倍というハイレバレッジでの取引が可能なFX業者もあります。

1万円の資金で1000万円の取引ができることになりますね。

また最大レバレッジが高い海外FX業者を選ぶと、必要証拠金(取引に最低限必要なお金)が少なくても済むというメリットがあります。必要証拠金に関しては、次の章で詳しく解説していきます。

ケンタ
でもレバレッジが高いとリスクも高くなるんだったよね?
ナナミ
実は違うのよ。

例えば、100万円の資金でレバレッジ1倍と1万円の資金でレバレッジ100倍での取引を比較していきます。

どちらも1ドル=100円の際に、100万円分(1万ドル分)買いました。

買った後に1ドル=99円になってしまいました。

その場合の損失は、

レバレッジ100倍…1万ドル×1ドルにつき1円の損=1万円の損失
レバレッジ1倍…1万ドル×1ドルにつき1円の損=1万円の損失

ナナミ
つまり取引通貨量さえ変わらなければ損失は変わらないのよ。
ケンタ
レバレッジより取引通貨量を意識すべきなんだね。

また海外FX業者には資金がマイナスになった際に、マイナス分を払わなくて済むゼロカットシステムがあります。

資金がマイナスになっても支払い0!のゼロカットシステム

ナナミ
これも日本の金融取引法でゼロカットは禁止されてるのよ。

そうなんです。ゼロカット金融取引法で禁止されている損失補填になってしまうので国内のFX業者では禁止されています。

ゼロカットはFXトレーダーにとって、メリットしかないです。なので海外FX業者の最大の強みと言っても過言ではないでしょう。

ゼロカットとは、万が一FXトレーダーであるあなたが資金をマイナスにしてしまったときに起こります。

日本のFX業者では追証という、マイナス分を払わなければならないのです。自分で損失を出したので、当たり前ですが海外FX業者では違います。

ゼロカットでは、FXトレーダーのマイナス分を海外FX業者が支払ってくれるのです。借金をしたのに、払わなくても良いのです。

急激な為替変動が起こると、FXでは資金をマイナスにしてしまう方がいます。そのようにならないためにも、海外FX業者のメリットであるゼロカットでリスク管理しましょう。

高いレバレッジが使えるので少額の資金からでも高額な取引ができます。
なので高額な利益が狙えますし、万が一失敗してもゼロカットがあるので借金を背負うことはありません。

ここまででなんとなく、海外FXのほうが国内のFX業者より良い環境で取引できると思いますよね。

他にもまだまだ海外FXのメリットはあります。

次に挙げるメリットは利益には関係ありませんが、海外FX業者の利用者数を増やした理由になったメリットです。

マイナンバーが不要

海外FX業者ではマイナンバーの提出不要です。これも日本のFX業者では税金の問題を解決すべく、金融庁によってマイナンバーの提出を義務付けられています。

マイナンバーを提出したくない方は、絶対に国内FX業者を選ぶことはできません。

ケンタ
マイナンバー送るのって怖いよね。
ナナミ
海外FXだと、マイナンバーを提出せずにFXができるのもメリットよ。

マイナンバーを提出したくない方は、ぜひ海外FX業者で口座開設してみてください。

この3つのメリットが金融庁の規制により、海外でしか絶対にできないメリットです。

取引しやすく利益が出しやすいのが国外FX業者

ナナミ
海外FXは稼ぎやすいのもメリットだわ。
ケンタ
国内と海外で利益にも影響があるの?

海外FXのメリットはまだまだあります。

迷惑なロスカットになりにくい

先ほど紹介した通り、海外FXのメリットに最大レバレッジが高いことが挙げられます。

高いレバレッジのFX業者で口座開設することで必要証拠金が少なくても済むのです。

証拠金が少ないと利益を出しやすいのです。なぜならロスカットになりにくいからです。ロスカットとは、資金がマイナスにならないためにある程度の損失で勝手に決算されてしまうシステムです。

多くのFX業者が必要証拠金がを基準にして、ロスカットします。

最大レバレッジが高いとその必要証拠金の価格を下げることにつながります。

例えば、最大レバレッジ1000倍の海外FX業者と25倍の日本のFXで比較していきます。100万円の取引をする際に必要証拠金は

100万円÷1000倍=1000円
100万円÷25倍=4万円

になります。ロスカットになるのは業者ごとに異なりますが、必要証拠金50%の含み損になった際になることが多いです。

ここでは必要証拠金の50%でロスカットされることを例に挙げます。

最大レバレッジ25倍の場合・・・4万円(100万円÷25倍)×50%=2万円

なので最大レバレッジ25倍では2万円ある状態でロスカットされてしまいます。

では最大レバレッジ1000倍ではどうでしょうか。

最大レバレッジ1000倍の場合…1000円(100万円÷1000倍)×50%=500円

最大レバレッジ1000倍の場合証拠金が500円になるまでロスカットされないのです。

ロスカットがなかなかされないので、為替が良くなるタイミングをギリギリまで待つことができます。

このロスカットになりにくいことと先ほど紹介したゼロカットによって海外FXのリスクが低いということがわかったと思います。

またFXではキャンペーンで、初期資金を増やすことができます。

キャンペーン・ボーナスが豪華

海外FXの分かりやすいメリットとして、口座開設時などにもらえる海外FXのキャンペーンやボーナスが豪華なのです。

実際に当サイトの口座オススメランキング1位のGEMFOREXは、最初に入金したお金の100%がもらえるので実質資金が2倍になるときもあります。

また口座を開設するだけで、5000円や10000円がもらえたりもするので海外FXのメリットと言えます。

またFXを始めてから追加で入金するとプラスで5000円のサービスがある海外FX業者も多いです。

なので口座開設の時点で5000円もらえて1万円の入金で2万円になるので、1万円の入金だけで2.5万円の資金になります。

キャンペーンやボーナスでFXに充てる資金が増えるので、初期費用が少なくても勝手に増えます。特に入金額が2倍になるというメリットはぜひ利用したいですね。

→入金額2倍キャンペーンの詳細へ

もちろん時期によってキャンペーン異なりますが、海外FXのキャンペーンの豪華さはメリットです。

GEMFOREXには他にも、他社で取引していて出してしまった含み損を代わりに払ってくれるボーナスもあります。

それだけでなく、友達紹介ボーナスとして友達1名を紹介するたびに口座のお金が2倍になります。

こんなキャンペーンやボーナスは国内のFX業者には絶対にありません。

海外FX業者は稼ぎやすいですし、キャンペーンやボーナス、ロスカットされにくいことにリスクはありませんね。

ケンタ
海外FX業者って太っ腹って感じだね。
ナナミ
こんなメリットを使わない手はないわ。
ナナミ
ただ海外FXにはデメリットもあるわ。

国内業者と比較したデメリット

海外FXnoデメリット
これまでたくさんのメリットを挙げてきた海外FXですが、デメリットもあります。

デメリットまでしっかり読んで国内と海外、どちらで口座開設すべきなのかあなたが判断してください。

信託保全が義務化されていない

日本のFX業者なら、信託保全が義務化されています。これは万が一FX業者が倒産したときに資金が返ってくる仕組みです。

金融ライセンスをどこの国で取得しているかによりますが、信託保全がない海外FX業者もあります。

ただ海外FX業者の中にも、信託保全がある業者もあります。なので信託保全があるFX業者を選べばデメリットは解消されます。

ケンタ
やっぱり大手と呼ばれる海外FX業者を使いたいね。
ナナミ
他にもデメリットはあるのよ。

取引手数料と言えるスプレッドが広い

FXでは買値と売値に差があります。なので買った瞬間に売っても損になってしまうのです。
この買値と売値の差をスプレッドと言います。

このスプレッドが海外FX業者は広い傾向があります。

例えば大手国内FX会社のDMMFXとオススメのGEMFOREXで比較していきます。

米ドル/円を1万通貨で取引をした場合、DMMFXは0.3銭しかスプレッドはかかりません。

対するGEMFOREXは1.2銭ものスプレッドを払う必要があるのです。

1.2銭なんてあまり変わらないと感じる方もいると思いますが、何度もトレードしていると大きな差になってしまいます。

ただいくらスプレッドが広いとはいえ、今まで紹介した高いレバレッジやゼロカット、豪華なキャンペーンやボーナスがある海外FX業者の方が稼ぎやすいのは確実です。

利益を出したときの税金

最後に税金のことです。

日本のFX業者と海外FX業者では税金の制度が異なります。

国内FX業者では申告分離課税なので、どれだけ利益を出しても一律20%です。

海外FX業者では総合課税になります。なので利益によって税率が
変わってしまうのです。

税率はこうなっています。

課税所得金額  税率
195万円以下  15%
195万円超330万円以下  20%
330万円超695万円以下  30%
695万円超900万円以下  33%
900万円超1800万円以下  43%
1800万円超  50%

年間で利益が195万以下なら税率15%なので、日本のFX業者より税金を払わずに済みます。

しかし利益が1年で330万円を超えてしまうと、日本のFX業者と同じである税率20%を超えてしまいます。

なかなかFX初心者のうちに利益が330万円になるのを考えるにくいですが、慣れてきたら税率20%以上になってしまうかもしれません。

また先ほど紹介した通り、海外FXでは稼ぎやすいこともメリットです。なのでFX初心者の方でも、2年ほどFXをしたら税率30%ほどの利益になっている方もいます。

ケンタ
1800万円を超えると、半分持っていかれてしまうんだね。

ナナミ
税率が高いのはデメリットね。

確かに海外FX会社には国内のFX業者と比較するとデメリットもあります。

しかしそのデメリットを補う、いやそれ以上のメリットがあるのが海外FXの特徴です。

ナナミ
メリットが強いからあまりデメリットを気にしないトレーダーが多いわ。
ケンタ
でも海外FX業者って日本語の対応は大丈夫なの?
ケンタ
それに出金拒否とかも怖いなー。

海外FX会社は安全!日本語対応と出金について

ここまで読んでいるということは、海外FX業者で口座開設しようかなと少しでも思っている方ということですね。

メリットとデメリットはもう挙げたので、ここからは海外FX業者で口座開設しようかなと考えている方に海外FXの安全性を紹介しようと思います。

日本語対応はバッチリ!

GEMFOREXは日本語対応

FX初心者の方が海外FX業者を選ばない理由として1番多いのが、この日本語の対応がしっかりしていなそうということです。

確かに国内のFX業者では確実に日本語の対応ができると思いますが。、海外の会社だと不安ですよね

しかし、安心してください。

海外FX業者でも日本人スタッフがいる会社が多いので安心です。

特に先ほどから出てきているGEMFOREXは、会社の社長が日本人でありスタッフも半数が日本人となっています。

なので日本語の対応ももちろん完璧です。

海外FX会社では、日本の規制を受けずに素晴らしい取引環境をトレーダーに届けたいという思いで設立するといったケースもあります。

そういった思いで設立した海外FX業者は安全性が高いです。

次に多いのが出金拒否の危険性が挙げられます。

出金拒否を避けるには選別が必要

もしあなたがたくさんの利益を出して、いざ出金してそのお金を趣味に充てようと思っていた時に出金が断られてしまったら最悪ですよね。

そうならないためにも評判の悪いFX業者を選ぶことは避けましょう。

もちろんGEMFOREXでは出金拒否されることはありません。

他の海外FX業者で口座開設しようと考えている場合は、しっかり調べてから口座開設しましょう。

1番下にあるオススメFX業者ランキングに載っている海外FX業者なら安全です。

ここまで読んでみてどうでしたでしょうか?

海外FX業者で口座開設して、トレードしようと思っていただけたでしょうか?

オススメしている海外FX業者、GEMFOREXの詳細は下のボタンを押すと見ることができます。

ケンタ
ここまで海外FX業者が良いなんて知らなかったな。
ナナミ
ぜひGEMFOREXで口座開設してみてね。

 

リスクはあった?口座開設すべきなのは国外の業者

リスクがあるようなイメージがあった海外FXですが、たくさんのメリットがあることがわかりました。

まず一つの大きな違いとして、日本の金融庁の規制に違いがあります。日本のFX業者では金融庁の規制を受けますが、海外FX業者では規制を受けなくて済みます。

金融庁の規制を受けないメリットは3つあります。

海外FXのメリット

最大レバレッジが高いと、ハイレバレッジでの取引が可能になります。他にも、

・証拠金が少なくても取引可能
・ロスカットになりにくい

など取引の際にはリスクの低いレバレッジ25倍以下で行うとしても、最大レバレッジが高いFX業者で口座開設することでメリットがあります。

他には万が一資金をマイナスにしても、マイナス分を払わなくて済むのがゼロカットでしたね。

ゼロカットに関しては、本当にトレーダーにとってメリットしかありません。このメリットを目当てに海外FXを使っている方もいます。

また海外FX業者で取引する場合はマイナンバーの提出をしなくても平気です。なんとなくマイナンバーを提出したくないと考える方は多いです。

日本のFX業者で口座開設した場合は、マイナンバーの提出が必須です。

もちろん海外FXでも税金は払わないといけませんが、マイナンバーを提出しなくても良いのは海外FXのメリットと言えますね。

この3つが法が改正されない限り、日本ではできない海外FXのメリットです。

また海外FX業者は稼ぎやすいと言われる理由が2つあります。

海外FX業者で口座開設をすることで、豪華なキャンペーンを受け取ることができます。

・最初の入金額が2倍になる
・口座開設しただけで5000円
・追加で入金したらプラス5000円

など他にも、他のFX業者で負ったマイナス分を代わりに払ってくれる他社乗り換えキャンペーンもあったりします。

ぜひ海外FX業者で口座開設キャンペーンなどを存分に活かして取引するようにしてください。

また最大レバレッジが高いので、ロスカットされにくいこともメリットと言えます。

ロスカットされにくいと、為替の変化にギリギリまで対応できます。なので悪い状態から一気によくなることがあるFXでは有利になるのです。

そして最後にデメリットです。

海外FX業者のデメリットは2点

・信託保全が義務化されていないこと
・税金が累進課税制度

信託保全とは、万が一FX業者が倒産した際に資金がトレーダーに返ってくることを言います。信託保全がない業者を選んでしまうと、業者が倒産した際に預けていたお金はなくなってしまいます。

海外FX業者にも信託保全がある業者も多いので、リスクを考えて信託保全がある業者を選べば最悪の事態は回避できます。避けられるデメリットです。

税率は日本のFX業者では20%ですが、海外では累進課税制度なので利益が195万円以下なら15%と日本より低い税率で済みます。

しかし利益が330万円を超えてしまうと、税率30%になってしまいます。また1800万円以上なら半分税金でとられてしまいます。

海外FX業者のほうが稼ぐことができるので、税率が一定だから日本のFX業者を選ぶのはナンセンスです。

ただ税率が高くなる可能性があるのはデメリットと言えるでしょう。

知名度がない分口座開設するのが不安だと思ってしまう方が普通です。しかし海外FX業者にはたくさんのメリットがあります。

管理人としては海外FX業者をオススメしています。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX



GEMFOREX
・最大レバレッジ1000倍
・豪華なキャンペーンやボーナス
・アジアベストブローカー賞受賞
・人気ナンバーワンのFX業者
XM.com



XM.COM
・レバレッジ888倍まで可能
・業界トップクラスの約定力
・利用者数ナンバー1
TITANFX



TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジ
・高い約定力でリクオートなし
・スプレッドが業界最狭水準
AXIORY



AXIORY
・最大レバレッジは400倍
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールが2種類選べる
LANDFX



LAND FX
・最大レバレッジは500倍
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なボーナスでお得に始められる

PAGE TOP