いつまでFXは天才しか勝てないと思っているの?

天才だけがFXで勝てるという嘘

天才だけがFXで勝てるという嘘

「FXは怖すぎ」
「どうせギャンブル」
「ハイレバレッジは危険」

という書き込みをFX関連の2ch(今の5ch)で見たことがありますね。

それどころか、

「どうせFXで勝てるやつは天才」
「凡人がFXをやるとか自殺行為ww」

という情報すら巷では流れているようです。

そんな言葉を信じてしまったのか、多くのFX初心者が1度損失を出しただけでトレードをやめてしまいます。

確かにFXで稼いでいる人って天才っぽい人が多いですよね。

ネット上にはcisさん田畑昇人さんなど、1年ほどで1000万円を手にした有名トレーダーがいます。

田畑昇人さんはスマホ1台でトレードを行いながら、世界中を旅しているようです。

FXを始める方なら、そんな生活に1度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

そこで多くの天才と言われているトレーダーのことを調べた結果、わかったことがあります。

それは、FXで天才トレーダーと言われているトレーダーの多くは、一時期は元手をなくし損失を出していたことがわかりました。

ではなぜ「1度は元手をなくしたにもかかわらず、天才と言われているのか。」その理由を紹介していきます。

FXの天才トレーダーだって失敗を経験している

天才だって失敗している

見出しの通り、FXで天才トレーダーと言われているトレーダーの多くは、一時期は元手をなくし損失を出していたことがわかりました。

FXは確かに天才しか勝てないのでは?と思ってしまうほど、難しいです。今天才FXトレーダーと言われている人も負けているくらい難しいのです。

ただその失敗があったからこそ、失敗を生かしリベンジして勝てたのです。

FX初心者の多くが、「1度負けてしまうともうFXは怖い」やなんだの言いだします。

BNFさんや田畑昇人さんは元手のお金を全部溶かし、日本のFX業者を使っていたため追証という借金のようなものを払わなければいけない状態のとときもありました。

その時に諦めていたら、天才とはもちろん言われていません。

一時的なあだ名に過ぎない

またニコニコ動画で有名になった、GFFさんというFXトレーダーもいます。

一時期は6億もの資金を10万円の元手から生み出しました。

ですが、3億円のロスカットにあったりするなど一時は6億円あった資金が30万円までなくなってしまいFXの世界から引退することになりました。

GFFさんは今聞くとバカなトレーダーだなと言われてしまいます。

しかし6億円稼いでいるときは誰しもが天才だと思っていました。

”結局は天才なんて言われるのは結果次第”

FX初心者であるあなたも天才と言われるチャンスがあるんです。

数回の失敗でへこたれるな。

FX初心者の方にありがちなのが、少額で始めて資金がマイナスになったらやめてしまうという行動です。

FXを始める資金は余剰資金で行うべきで、なくなっても平気なお金を使うべきなのです。どの投資にも言えることですが。

このサイトにも元手1万円からFXを始めるコツや、少額トレードについて書いている記事があります。

→少額トレードのコツへ

少額で始めることによって毎月そのお金がなくなっても、追加で同額の資金を入金すれば同じ状況からFXをリスタートすることができます。

海外FX業者を使えばゼロカットがあるので、大きな損失が起きる可能性はありません。

ゼロカットとは?

資金がマイナスになった際に、そのマイナス分をFX業者が代わりに払ってくれる仕組み。

日本のFX業者にはない。

なので何度も失敗できるのです。元手以上の資金を失うことはありません。

もしあなたが毎月1万円が余剰資金なら、最大でも年間で12万円しか損しないのです。

実際に取引して、ゼロカットされた経験があるトレーダーは強いです。

あなたが天才と呼ばれるために

あなたが天才と呼ばれるにはチャートを読まないといけません。

まずFX初心者が知らなければいけないのが、ロウソク足です。

ロウソク足の説明
ローソク足には始値より終値が高いことを表す白い四角の「陽線」と、逆に始値より終値が低いことを表す黒い四角の「陰線」の2種類に分かれます。

陽線と陰線にはそれぞれ高値と低値を表すヒゲが上下にあり、ある一定期間の最高値と最低値を表示します。

チャートはこのロウソク足によってできています。エジプトのピラミッドで例えると、ロウソク足は砂のようなものです。

FXの天才トレーダーになるためにはロウソク足の理解は基礎の基礎です。

ロウソク足が覚えられた天才予備軍の方は、次にトレンドを理解しましょう。

FXでは相場の方向性を表すことを「トレンド」といいます。トレンドには2種類あります。

為替が上昇している流れの「上昇トレンド」とその逆の「下降トレンド」の2種類があります。

天才トレーダーはトレンドを把握する力が強く、トレンドがないときはトレードしません。

上昇トレンドに対するラインの引き方

このチャートであれば上昇しているので上昇トレンドだと言うことがわかります。

トレンドを見つけたら、トレンドラインというまっすぐなラインを引けるかを確認する必要があります。

上昇トレンド・下降トレンドの説明画像

投資家が為替レートを上げるか下げるかの瀬戸際で、上げようしても押し返されてしまうのです。

そのためラインができます。

さて皆さんなら先ほどのチャートを見てどこに線を引くでしょうか?

FX初心者のトレンドライン引き方チャート

ここに引きたいのはまだまだFX初心者です。

天才トレーダーならチャートのここにラインを引きます。

天才トレーダーのトレンドラインの引き方

1枚目のところにラインを引いても、上昇トレンドと言えば上昇トレンドですが短いので利確がしにくいですし、偽物のトレンドであることもあります。

長期的な視点で考えることによって、利益が出ます。

その他に天才と言われるために必要なことをまとめます。

天才なら米ドルで取引する

日本にいると円が中心だと思ってしまいますが、世界の為替の中心はアメリカドル(米ドル)です。

この米ドルを中心に、取引通貨量が多い通貨ペアでトレードしましょう。

まず1番オススメできるのはのユーロ/米ドルで取引することです。

世界で1番流通しているのがこのユーロ/米ドルなので、取引通貨量が多く流動性が高いです。

流動性が高い通貨ペアは値動きが激しく、本物のトレンドが見つけやすいことが特徴です。

それに加え、次に紹介するロンドン時間での取引やデイトレードに相性は抜群です。

ユーロ以外にも、米ドル/円やポンド/米ドルの2つも取引通貨量が多いので天才と呼ばれている方は取引しています。

天才ならロンドン時間

天才と呼ばれているFXトレーダーの多くはロンドン時間でトレードしています。

ロンドン時間とは日本の15時から21時の間の時間を言います。

このロンドン時間は、大口機関投資家が市場開始と同時にポジションを新規で作り始めるので、取引量が多くなります。

取引量が多いと、少数のトレーダーの力だけで為替が動かなくなります。

なので大人数が為替を動かしている=信頼できる

となるのです。またロンドン時間が始まると同時に市場が一方向に安定して動くので予想がしやすく利益が出しやすいです。

どこで注文しても1億円の利益を出せば、自然と天才と言われだします。

だったら予想しやすいところで注文して大金稼いだほうがいいですよね。

天才になりたいなら、ロンドン時間で取引することをオススメします。

天才ならデイトレード

FXのトレード手法はデイトレードを1番オススメします。なぜなら1番稼げるトレード手法だからです。

スキャルピングでも稼いでいる方はいますが、1番リスクを抑えて取引して利益を得るためにデイトレードがオススメです。

あなたは5分後の為替と1年後の為替だったらどちらが予想しやすいですか?

そんなのもちろん5分後ですよね。

あなたは5分間の高値と1ヶ月間の高値ではどっちが高いと思いますか?

もちろん1ヶ月間の高値ですよね。

あまりにも長期的に見ていると予想がつきにくく、あまりにも短期すぎると利益は少なくなってしまいます。

デイトレードは予想のしやすさも、利益の大きさもちょうどいいのです。

またデイトレードならFX初心者に多い、ポジションを無駄に多くもってしまうことも避けることができます。

そんなことから天才と言われている方の多くはデイトレードで取引しています。

天才は当たり前のことを当たり前に行います。

この3つを守っているトレーダーは利益を出している方が実際に多いです。

天才と言われるためにもきっちり守りましょう。

実際に天才と呼ばれているトレーダーの手法

では実際に天才と呼ばれているトレーダーはどのような手法で儲けているのでしょうか。

BNFさん田畑昇人さんが実践している手法はいくつかあり、その中でFX初心者の方でも実践できる手法を紹介していきます。

天才ならゴト日でトレードする

いきなり何言っているかわからない言葉が出てきましたね。

この手法はFXトレーダーで、実際に利益を出している私でも知らないマイナーな手法ですがFX初心者にも実践できて非常に論理的な手法です。

それでは説明していきます。

ゴト日とは5の倍数の日のことを言います。5日とか10日とかですね。

この5の倍数の日は日本の輸出会社が海外に支払うタイミングなので、ドルが買われやすいのです。

ドルが買われやすいということは、”ドルの価値が上がる=ドル高になる”ことに繋がります。

これは日本と海外の話なので、米ドル/円でトレードする際に使える手法です。

基本的に支払うのが、日本時間の深夜1時から朝9時55分に終わるので9時55分に売れば良いのですがそんな単純ではありません。

その中でも値動きはあるので、9時55分が最高値とは限らないのです。

なので深夜1時前にチャートを見て、今後のトレンドを予測しましょう。

トレンドを予想したら注文は指値注文と逆指値注文で利確or損切りを待つのがFX初心者が天才と言われる一歩です。

天才ならラインブレイクを狙う。

天才FXトレーダーはFX初心者の方が思っているほどリスクを冒しません。

むしろFX初心者の方の方がリスクを冒す傾向にあります。まだ勝ちパターンがわからないので仕方ないですがね。

勝ちパターンでも利確すれば利益が出やすいのがこのラインブレイク手法です。

ラインブレイク手法の説明画像

 

この図のようにトレンドラインが引けるときに、一気にそのラインを超えることをラインブレイクと言います。

なぜラインができるかは先ほど説明しましたね。天才FXトレーダー予備軍のあなたなら覚えていますよね?

そうです、投資家が為替レートを上げるか下げるかの瀬戸際で、上げようしても押し返されてしまうからでしたね。

そんなラインですが、ブレイク(ラインを超える)すると一気に為替レートが変わります。

ギャンブラーと言われるFXトレーダーは1番高値で売り、ラインをブレイクします。利益が1番出るのは高値で注文することですからね。

しかしラインブレイクしないときや逆に跳ねあがってしまうときもあるので、リターンは大きい可能性がありますが同時にリスクは高いです。

なので天才FXトレーダーはブレイクしてから注文します。リスクを抑えることもできますし、利益を出せる可能性が高くなるからです。

これならFX初心者の方でも実践できる天才の手法ではないでしょうか。

最後に天才トレーダーが実際に使っているFX業者を紹介していきます。

億万長者は海外FX業者を使う~ハイレバとゼロカット~

ハイレバとゼロカットの海外FXのススメ

天才と言われるためには海外FX業者での口座開設は必須です。

先ほど紹介したゼロカットは海外FX業者にしかないシステムですし、他にもハイレバレッジというメリットがあります。

オススメFX業者ランキング1位のGEMFOREXでは、なんとレバレッジは1000倍まで使えるのでロスカットになりにくいです。

天才と言われる方は日本でもまだハイレバレッジを使えた際に利益を出し始めた方が多いです。

天才FXトレーダーと言われてからは、日本のFX業者でもロスカットにならずうまくトレードできます。

しかし最初のうちは、必ずロスカットになりにくく1日で大きな利益が出しやすいハイレバレッジのFX業者を選ぶべきです。

ぜひFXの天才トレーダーと言われるためにもGEMFOREXの詳細ページを読んでみてください。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX

GEMFOREX
・最大レバレッジ1000倍
・豪華なキャンペーンやボーナス
・アジアベストブローカー賞受賞
・人気ナンバーワンのFX業者
XM.com

XM.COM
・レバレッジ888倍まで可能
・業界トップクラスの約定力
・利用者数ナンバー1
TITANFX

TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジ
・高い約定力でリクオートなし
・スプレッドが業界最狭水準
AXIORY

AXIORY
・最大レバレッジは400倍
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールが2種類選べる
LANDFX

LAND FX
・最大レバレッジは500倍
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なボーナスでお得に始められる