なぜブレイクアウト手法はFX初心者でも失敗しないのか

ブレイクアウト手法でFX初心者が失敗しないために

当記事は稼いでいるFXトレーダーが良く使う、ブレイクアウト手法について紹介していきます。

「ブレイクアウトがFX初心者にもおすすめとは聞くけど、どんな手法なんだろう?」

と思っている方に向け、このような疑問に答えていきます。

ブレイクアウト手法は見た目で判断しやすく、勝率も高い手法なのでFX初心者にピッタリのテクニックといえます。

実際に当サイト管理人である私も、初心者の頃からブレイクアウト手法を使い、今でもよく使っている手法であります。

たくさんの稼いでいるトレーダーが様々な手法を試しますが、結局行き着くのはブレイクアウトになることが多いことも事実です。

今回はそんな、FX初心者でも「わかりやすく。勝率の高い」相場テクニックである、ブレイクアウトについて、FX初心者でも簡単に使えるようにご紹介していきたいと思います。

それでは読んでいきましょう。

ブレイクアウトはFX初心者にオススメの勝率の高い手法

ブレイクアウトはFX初心者にオススメの手法

FXには、手法がたくさんあります。私が使っているだけでも
・逆張りスキャルピング
・レジサポ反発手法
・ダブルボトム
・ダブルトップ

などなど、多くの手法があります。そんな中でブレイクアウトは、初心者からプロトレーダーまで幅広い層に利用されていて、稼いでいるトレーダーが多いです。

なぜブレイクアウトはFX初心者に向きの手法だと言えるのでしょうか?

オススメされる理由について、紹介していきます。

視覚的にわかりやすい

単純にテクニカル的にわかりやすい買い(もしくは売り)サインだからだと言えます。
ブレイクアウトは視覚的にわかりやすいチャート

このように大きくブレイクするので、エントリーのタイミングもわかりやすく、利益を確定するポイントも見て判断できることからブレイクアウトはオススメできます。

ブレイクした場合の勝率が高い点も初心者向きのテクニカルである理由です。

1回のトレードで大きな利益が期待できる

ブレイクアウトの説明画像

上記のドル円5分足チャートを見ると一目瞭然でブレイクアウト手法のすごさをご理解いただけると思います。

最初に111.63の下値をブレイクした途端、一気におよそ50銭ほど下にブレイクしています。

また、次に111.17を下にブレイクした途端、窓を開けて落下していることもチャートから見て取ることができます。

このようにブレイクアウト手法は瞬時に大きく利益をとっていくことができる相場テクニックであることがわかります。

瞬時に大きな利益を狙えるので、忙しくあまりFXに多くの時間を割くことができない方でも、ブレイクアウト手法はオススメです。

また、ブレイクアウト手法は多くの専業FXトレーダーも愛用している相場テクニックでもあります。

しかし利益が出しやすいブレイクアウトですが、残念ながらデメリットも存在します。

それは「だまし(フェイク)」が発生しやすいことです。このだまし対策としては損切りで対応していくことになります。

FX初心者が苦手になることが多い、損切りですがブレイクアウト手法を使うようになることで上手になります。

損切りの練習になる

ブレイクアウトのだまし対策として損切りが必要になってきます。

→損切りとは?

この損切りポイントの設定は大きく損出を出さないためにも重要になってきます。

オススメとしては、15pips程度で損切りするようにすることがオススメです。私も15pipsで損切りすることが多いです。

損切りの良い練習台にもなってくれますので、FX初心者にとって「ブレイクアウト」からのトレードは、おすすめの手法であるといえます。

騙しだったらすぐに損切り、利益が出そうなら大きく利益が出たポイントで利確をしましょう。

損切りさえうまくなれば、稼げるFXトレーダーになれます。さて、次の章から実際にブレイクアウト手法を実践するために必要な手順や方法を紹介していきます。

チャートを見てトレンドラインを見極める

トレンドラインを見極める

ブレイクアウト手法のテクニックを使う前に、まずは相場のトレンドを理解していきましょう。

なぜなら、ブレイクアウト手法はトレンドをブレイクアウトするところを狙う手法だからです。

またトレンドを理解するために便利なトレンドラインのひき方もご紹介していきたいと思います。

トレンドとはなにか?

相場のトレンドとは、名前の通り方向性を指しています。

基本的に相場のトレンドは3つあります。上昇トレンド下降トレンドレンジ相場の3種類です。

チャートを見れば、どれが上昇トレンドでどれが下降トレンドなのかはすぐにわかると思います。

上昇トレンドのチャート

下降トレンドのチャート

レンジ相場は上昇も下降もしない、特に激しい動きのないチャートのことを言います。

動きが読みにくい、レンジ相場の際にトレードしてしまうと負ける可能性が高くなります。

基本的にブレイクアウト手法を行う際は、レンジ相場の段階ではトレードしません。それほどトレーダーはトレンド状況を好みます。

続いて、トレンドを理解するために便利なトレンドラインの説明とラインの引き方もご紹介していきたいと思います。

トレンドラインの正解は値動きしてからわかる

FXでのトレンドラインのひき方は簡単なようでFXのリアルトレードでは難しいものになっています。理由は始点の取り方にあります。

トレーダーによって始点の取り方が異なるからです。トレンドラインの答えはありません。あったとしても、実際に値が動いてからでないとわからないのが事実です。

しかし、トレンドラインには「基本」が存在します。

そして「基本」ができているトレーダーが最終的に勝者になっていくのです。ここではトレンドラインのひき方の「基本」をマスターしていきましょう。

トレンドラインの基本の引き方とは?

上昇トレンドの場合は上記のように下値に合わせてトレンドラインを引くことで、ブレイクポイントがわかりやすくなります。

下降トレンドの場合は上昇トレンドの場合とは逆に上値にトレンドラインを引いていくことでブレイクアウトを見つけやすくなります。

持ち合いの場合は上記のように、下値と上値に合わせてトレンドラインを引いていきます。

上記のように下降トレンドから上昇トレンドになった、104.6円の際がブレイクポイントです。ここで買いの注文ができれば利益は大きく出ますね。

このようにブレイクアウト手法では短期で大きく利益を上げることができる手法であることがわかります。

ブレイクアウト手法は騙しの動きに気を付けよう

ここまで読むと、トレンドラインを引くことは簡単にできることがわかりました。

では、誰でもトレンドラインを引くことができれば、FXで勝つことができるのでしょうか?違いますよね。

なぜならブレイクアウト手法にはだましがつきものだからです。

上記のように持ち合いレンジ115.2円をブレイクアウトしても、上げない場合があります。

それはブレイクアウトには”だましの動き”がつきものであるからです。

そしてだましを見抜くことは難しいため、傷が浅いうちに損切りしてから再度ポジションを構築したほうが、時間的にも、値動き的にもよいことが多くなっています。

安値や高値をブレイクできたらエントリー準備

ブレイクアウトしたらエントリー準備

前回の章では、ブレイクアウト手法を使うために必要なトレンドラインについて紹介しました。

続いてこの章では、実際にブレイクアウト手法で稼ぐテクニックをご紹介していきたいと思います。

3つのブレイクアウト

ブレイクアウト手法をトレードで使っていく方法として、3つの手法が存在します。ここではそれぞれの特徴とエントリーの仕方をご紹介していきたいと思います。

■上昇トレンドの場合~安値切り上げ型

安値切り上げ型の説明画像

上昇トレンドで見られる安値切り上げ型は下値のラインが徐々に切りあがっていきます。

エントリーの方法は下値に合わせてトレンドラインを引き、トレンドライン前後で「買い」のポジションを建てていくことになります。

■下降トレンドの場合~高値切り下げ型

高値切り下げ型の説明画像

下降トレンドで見られる高値切り下げ型は高値のラインが徐々に切り下がっていきます。

エントリーの方法は上値に合わせてトレンドラインを引き、トレンドライン前後で「売り」のポジションを建てていくことになります。

■持ち合いの場合~三角持ち合い型

三角持ち合い型の説明画像

持ち合いの場合、上記のように三角持ち合いを形成することが多くなっています。

具体的には赤の線と青の線で「三角」を形成し、バッティングしたところで下に放れていることがわかります。

この場合エントリーのポイントはバッティングした時点で売りか買いのポジションにつくことになります。

三角持ち合い型は、上の2つと比べるとFX初心者には少し難易度が高い手法です。

まずは安値切り上げ型と高値切り上げ型でトレードするようにしましょう。次にできるだけ損をしないためのコツを紹介します。

2回目の伸びでブレイクアウトしてからエントリーする

ブレイクアウトの場合、「だまし」が頻発しやすいというデメリットがあることは、もう覚えていますね?

このデメリットを避けるため、2回目の伸びでブレイクアウトしてからエントリーしていくように心がけましょう。

2回目の伸びは確信が持てます。利益は少し減りますが、損失を避けたい方にはオススメです。

この記事のまとめ~ポイントを整理~

ブレイクアウト手法のまとめ

最後にFXでブレイクアウト手法を利用していくうえで重要なポイントをまとめていきたいと思います。

トレンドラインをうまく使う

「ブレイクアウト」をうまく使っていくにはブレイクの前提であるトレンドを正しく認識することが重要になります。

トレンドを判別するにはトレンドラインを使うと簡単に判別することが可能です。

だまし(フェイク)に注意しよう

FXで「ブレイクアウト」を利用していく場合、大敵はだましになります。だましに対しては、損切りで対処していくことになります。

また、だましにかからないために、2回目の伸びでブレイクアウトしてからエントリーすることも効果的な対処方法になります。

ブレイクアウトで勝ち組になろう

「ブレイクアウト」は初心者でも判別しやすいうえに、大きく利益を取りやすいFXのテクニックになります。

ぜひ実践して、稼げるトレーダーになってください。口座開設がまだなされていない方は、下のランキングからFX業者を選んでみてください。

関連記事:いつまで天才しかFXは勝てないと思っているの?





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX



GEMFOREX
・最大レバレッジ1000倍
・豪華なキャンペーンやボーナス
・アジアベストブローカー賞受賞
・人気ナンバーワンのFX業者
XM.com



XM.COM
・レバレッジ888倍まで可能
・業界トップクラスの約定力
・利用者数ナンバー1
TITANFX



TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジ
・高い約定力でリクオートなし
・スプレッドが業界最狭水準
AXIORY



AXIORY
・最大レバレッジは400倍
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールが2種類選べる
LANDFX



LAND FX
・最大レバレッジは500倍
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なボーナスでお得に始められる

PAGE TOP