未経験者に最適な初期資金はいくら?

未経験者のFXの資金?

「FX初心者の自分にピッタリな予算っていくらなんだろう・・・」

FXを始める際の予算で悩んでいる初心者のあなたはこんな疑問をお持ちではないでしょうか?私がFX初心者だった頃を思い返してみても、FXに取り組む際の予算にはかなり頭を抱えました。

おそらく現在FX初心者のあなたも、初心者の理想的な予算額が知りたくてこのコンテンツに目を通されていると思います。あくまで私の初心者時代の経験からですが、FX初心者に最適な予算額なんてものは存在しません。

この話を聞くとFX初心者のあなたは「え?」と思うかもしれませんが、FX初心者に最適な予算はそれぞれの経済状況次第ですので答えの出しようがないのです。

もちろん「予算に答えがない」なんて言われるとFX初心者のあなたは困ると思います。そこでこのコンテンツでは、「答え」の代わりにFX初心者のあなたが最適な予算額を考えるためのコツについてまとめてみました。

初心者が初期投資額を決める際の3つのポイント

初期投資額を決める際の3つのポイント

FX初心者が最適な予算を考える際にはこれから紹介する3つのポイントを考える必要があります。

  1. 余剰資金から予算を考える
  2. 利用するレバレッジを決める
  3. 初心者は目標利益を明確にする

それぞれについてこれから紹介していきます。

余剰資金から予算を考える

FX初心者のあなたが予算を考えるうえで大事なポイントは余剰資金を把握することです。余剰資金とは月収から生活するために必要な資金を差し引いたお金のことをいいます。

例えばFX初心者のあなたの毎月の収入を20万円とします。このケースで家賃や電気代といった毎月かかる経費が15万円だとしますと余剰資金は、20万円-15万円として5万円になります。

つまりこの5万円を考量した予算でFXに取り組むのが、FX初心者が予算を考える際の鉄則になります。

一方で適当な予算で初心者がFXに取り組むと生活が破綻するリスクがあります。無理のない範囲でFXに取り組むためにも、FX初心者のあなたは余剰資金との兼ね合いから予算を考えることをおすすめします。

利用するレバレッジを考える

FX初心者が予算を考える際の2つ目のポイントは、利用するレバレッジを考えることです。レバレッジというのは小さな資金で大きな規模のトレードが行えるシステムのことをいい、例えば10万円の予算にレバレッジ25倍を利用する場合、10万円の予算でなんと250万円のトレードを行えます。

このレバレッジを利用するにあたって、FXでは「必要証拠金」という決められた資金を口座内に預け入れておく必要があります。そこでここでは、FX初心者に人気があるレバレッジレートごとの必要証拠金をFX初心者のあなたのためにまとめてみました。

FX初心者から人気のレバレッジ 必要証拠金(1万通貨)
25倍 4万円
20倍 5万円
5倍 20万円
1倍 100万円

予算額を左右する必要証拠金はこのように利用するレバレッジによって異なり、倍率が高いほど必要証拠金は少なくなっていきます。

ちなみにレバレッジを使えばFX初心者でも自己資金より大きな規模のトレードが出来る反面、ロスカットが発生するリスクも大きくなります。そのため、リスクや必要証拠金を考慮してFX初心者は口座内に余裕を持たせられるような予算額を考えることがポイントになります。

ロスカットの発生を左右する証拠金維持率とは?

そもそもロスカットは「証拠金維持率」によって発生します。証拠金維持率というのは口座内資金とトレードを行っているポジションの割合を表したもので、「有効証拠金÷必要証拠金×100」という計算式で算出することができます。

簡単に言いますと口座内資金が多ければ多いほど、ロスカットは発生しなくなるということになります。ここで証拠金によってどのくらい証拠金維持率が変わるのか具体例を用いて見てみましょう。

例えば1ドル100円の時に、FX初心者のあなたの口座内には10万円の証拠金があったとします。

レバレッジ25倍で1万ドル分(100万円相当)を持った場合、必要証拠金は先ほど紹介した「4万円」です。有効証拠金というのは口座内資金から損益見込み額を差し引いた額ですが、このケースでは損失見込み(含み損)がないと仮定して、10万円のままです。

ということはこの時点での証拠金維持率は10万円÷4万円×100=250%となります。
一般的にロスカットが発生する基準は100%~70%なので、150%は安全ラインだと言えますね。

では口座内に20万円の予算があった場合はどうでしょうか?

単純に10万円の有効証拠金が倍になるので、20万円÷4万円×100証拠金維持率は500%となります。

 
このようにロスカットが発生するリスクを防ぐためには、いかに証拠金に余裕を持たせるかによって左右されます。FX初心者のあなたは高いレバレッジを使うにしても、口座内の証拠金に余裕を持てるような予算を考えることをおすすめします。

当サイトにはFX初心者がレバレッジを利用する際のコツやリスクについてまとめたコンテンツもあります。予算を考えるためにもレバレッジについてしっかり学びたい!というFX初心者のあなたはこちらをどうぞ。

レバレッジの基本情報やリスクについてはこちら

初心者は目標利益を明確にする

次に予算を考えるポイントとなるのがFXで得たい利益(目標利益)を明確にすることです。

例えば1年を通して30万円の利益をあげる場合、単純に30万を12ヶ月で割ると月2万5千円前後を目安に取り組んでいくことになります。目標利益が明確になればそれに必要なレバレッジや必要証拠金を逆算できるので、予算額を考えやすくなります。

それに目標利益を明確にすることはリスク管理にも繋がります。FX初心者の方はしっかり目標利益を把握して、自分に合った予算額を設定することをおすすめします。

理想の予算は30万円前後

正直なところFXの予算は各トレーダーの経済状況や目標次第によって変わります。その点を考慮しての話になりますが、FX初心者に最適な予算の1つに30万円があります。

トレード初心者が30万円の予算でFXに取り組む場合、証拠金にある程度の余裕が出来るのでロスカットが発生するリスクも防ぐことが出来ますね。仮に取引額が1万ドル(100万円相当)の場合、25倍のレバレッジを使うと必要になる証拠金は(100万円÷25倍)4万円になります。必要な資金が4万円で予算が30万円なら、FXに取り組む際に26万円分の余裕が生まれますね。

FX初心者の間は資金に余裕が出るように予算を考える方が良い結果に繋がります。この点を考えると、FX初心者のあなたが余裕を持ちながらトレードを行える「30万円」という予算は、FX初心者にとって理想的な予算額だと言えるのではないでしょうか?

もちろん30万円というのはあくまでFX初心者にとって理想的な予算の1つです。仮に30万円の予算の用意が難しいのでしたら、これから紹介する内容を参考にしてみると良いでしょう。

少ない資金でFXを始めるためには?

少ない資金でFXをはじめるポイント
大きな予算を用意するのが難しい方はなるべく少ない予算でトレードを始められるFX業者を選ぶことがポイントになります。

ちなみにFX初心者が少ない資金でFXを始める方法は「最低通貨数が少ないFX業者を選ぶ」と「海外FX口座を作る」の2種類になります。それぞれの方法についてトレード初心者のあなたに向けて説明していきます。

最低通貨数が少ないFX業者を選ぶ

最低取引通貨数が少なくてFX初心者にとって使い勝手が良いFX業者の1つに「SBIFXトレード」があります。

SBIFXトレードの最低取引通貨数はなんと1通貨。仮にユーロ・円ペアでFXに取り組む場合、なんと1ユーロ単位からFXに取り組めるので、トレードに必要な最低予算は130円程度で済みます。

筆者が知る限り、1通貨単位からFXに取り組めるFX業者はSBIFXトレード以外にはありません。予算を最小限に抑えた上で通貨の売買に取り組める以上、SBIFXトレードは予算を押さえてFXに取り組みたい初心者トレーダーにぴったりだと言えますね。

FX初心者と相性の良い海外口座でトレードする

少ない資金でFXに取り組むことが出来る2つ目の方法は、海外のFX業者を利用することです。海外のFX業者と言っても運営は全て日本語で、日本のFX業者以上に手厚いフォローを受けることができる点が特徴です。

また日本国内のFX業者で口座を開設した場合、最大レバレッジは個人の場合25倍ですね。しかし海外のFX口座であれば100倍や200倍は当たり前で、最も大きいところは1000倍にもなります。これは国内のFX口座よりも格段に少ない予算でトレードが出来ることを意味します。

例えば最大レバレッジ1000倍の海外FX業者で1万ドル分(100万円相当)のポジションを持つ場合でも、必要証拠金はたったの1,000円。必要証拠金が1,000円で済めば、先ほど紹介したロスカットが発生するリスクも大幅に抑えることが出来るので、FX初心者のあなたも予算を抑えながら安定したトレードが行えると言えます。

このようにハイレバレッジが利用できる点は予算を抑えたいFX初心者のあなたにとって非常に大きな魅力となりますね!ちなみに当サイトには、高いレバレッジが使える海外のFX業者の魅力や特徴をまとめているコンテンツもありますので宜しければどうぞ。

海外のFX業者を利用する4つのメリットはこちら


PAGE TOP