元手100万円の資金からFXの運用で利益をがっつり稼ぐ

スタート資金100万でFX!

現在のサラリーマンの平均年収はざっと500~600万円といったところでしょうか。

養育費や老後の生活を考えると決して十分とはいえない金額ですが、これでも世間一般からすると中流階級並みといってよいでしょう。

このご時世もはや誰もが資産運用なしに生きていけるような時代ではありません。

100万円、もし元手100万円の資金からであればどのような資産運用ができるでしょう。
資産運用の選択肢の一つとしてFXがあげられます。

FXであれば100万円からスタートでも高い運用利益が狙える可能性は十分あります。

じゃあさっそく100万円でFXスタート…。とその前に、100万円の資金があるからといってもいきなりFXの運用をスタートするわけにはいきません。

また詳しくは後述しますが、FXにはレバレッジなどといった仕組みがあり、このあたりのことをよく理解しておかないと思わぬ損失を被ってしまう可能性もあります。

100万円という資金からであれば稼ぐこともありますが、一夜にして100万円の損をしてしまうことだってあります。

100万円から運用利益を稼ぐためにもしっかりとポイントをおさえておきましょう。

レバレッジをかけておくとロスカットされにくい

元手100万円という資金からFXをスタートする際に必ず覚えておきたいのがレバレッジです。このレバレッジをきちんと理解しておけば有利な条件でのトレードが可能になります。逆にこれをきちんと理解せずにいると大きな損失を被るかもしれません。

ではレバレッジについて説明していきましょう。

レバレッジは元手の資金を何倍にもして資金運用できるFXの仕組みです。

レバレッジは国内で1~25倍、海外だと1000倍くらいまで使えます。1000倍となると例えば100万円あれば10億円として運用ができるのです。

なぜこのようなことが可能なのでしょうか。基本的にFXは証拠金という資金さえ預ければあとは信用取引となります。運用の利益や損失は差益(差損)だけが口座残高から引かれることとなり、含み損がある一定の基準になるとFX業者に強制的に決済処理をされてしまいます。これをFXではロスカットといいます。

FX業者は何倍にもなる信用取引をさせておきながら、損失が出た時には強制決済してまで資金を回収するというわけですね。

実はレバレッジをかけておくことでこのロスカット対策に非常に有利になります。なぜレバレッジをかける有利になるのか説明していきましょう。

100万円という資金から取引をスタートし、レバレッジをかけなければ100万円の範囲内で取引を行うことになります。

例えばロスカットの基準が取引に必要な証拠金の60%だったとします。この場合含み損が資金の40%に到達した時点でロスカットとなってしまいます。

例えば必要証拠金100万円の取引をしていたとします。100万円の資金があったとすると考えると40万円の損失がでた時点で強制ロスカットとなります。

ですがこれはあくまでレバレッジ1倍のケースです。これが10倍だったとすればどうでしょう。40万円の損失をしたとしても証拠金維持率は600%です。

なぜならレバレッジを10倍にした場合、必要証拠金は10万円となるからです。
つまりレバレッジが高いとロスカットになりにくいということですね。

ここで注意したいのは取引通貨量です。レバレッジで資金が大きくなったからといって取引通貨量まで増やしてしまうとリスクは大きくなります。

取引通貨量を増やさなければ堅実なトレードが可能ですので、くれぐれも無理なトレードはしないようにしましょう。

運用で利益を得た時の税金や確定申告の話

もし100万円で運用をしていて稼ぐことができたとします…。
得た利益に対する税金や確定申告のことはどうすればよいでしょうか。

運用で利益を目指すのも大事ですが、その先のこともしっかり考えておいた方がいいかもしれませんね。

FXの運用で利益を得た時はもちろんきちんと確定申告をしなければなりません。

「確定申告ってどうやってやればいいの?」

「そもそも確定申告って本当に必要なの?」と疑問をお持ちのあなたのために、少しポイントをおさえておきましょう。

確定申告が必要な場合と不要な場合

まず例えば利益が100万円あったとしましょう。この場合の確定申告は当然必要です。

ですがもし利益が20万円以下だったなら確定申告の必要はありません。

但しこれは給与所得者に限った話なので、給与所得者以外は他の収入とFXでの利益を合算し38万円になれば確定申告が必要となります。

FXで損をした場合も確定申告はした方がいい?

実はFXの運用で損をしたという場合も確定申告はした方がよいです。

というのは、FXのような投資で出た損失は繰り越しができるからです。

例えば昨年は100万円の損失を出したけど今年は100万円の利益を出したとしましょう。
昨年の損失100万円と今年の利益100万円を相殺することでプラマイゼロだったことにできるのです。

こういった損失は3年まで繰り越しできるのでしっかり覚えておきましょう。

複利運用で計画的に利益を稼ぐ

100万円でFXの運用をスタートするあなたはいくらくらい稼ぎたいですか。

やはりどうせ稼ぐならでかい運用利益を目指していきたいのではないでしょうか。

ではどのようにすれば100万円からスタートして元手をそこまで大きくすることができるでしょう。

一つの考え方として複利運用があります。

複利運用とは元手となる資金だけでなくそこから得られる利益を含めて運用するため、利率はどんどん大きくなっていきます。

例えば利回り10%で運用していたとすれば複利運用のイメージは次のようになります。

年数 資金
1年 110万円
5年 150万円
10年 260万円
15年 420万円
20年 670万円
25年 1080
30年 1750万円

時間はかかりそうですが、複利運用していけば老後までにはある程度の貯蓄ができそうです。

100万円という一時的にみれば大きなお金ですが、人生に必要なお金からみれば決して大きいともいえないお金です。

ですがこの資金を元手に人生に必要なお金を稼ぐことができるならきっと挑戦してみたくなるはず。

取引通貨量はどれくらいにするか

取引通貨量はどれくらいにすればよいでしょう。

100万円もあれば取引通貨量を1万通貨からとしても複数のポジションを持つことができるでしょう。

より堅実にいくなら1万通貨でなくても1000通貨取引からスタートしてもいいと思います。

ただとにかくポジションは複数持つ方がよいでしょう。

通貨ペア自体もあまり一つに絞り過ぎないでいいと思います。あなたが取引しやすいと思う通貨ペアをいくつか選びましょう。

取引通貨量は増やせばリスクリターンが大きくなりますし、減らせばその分小さくなります。

100万円という資金でしたらそれほど極端に取引額を小さくする必要はありませんが、バランスを考えるようにしましょう。

1回の取引で損失を出してもいい額を2%程度までおさせておくとよいでしょう。

FXで損失を出さないための心構え

100万円の大きさは人に感じ方が違うかもしれません。

ですが一般的に100万円といえば相当に大きなお金です。せっかく稼ぐことを夢見てこの資金を運用しても、利益が得られないどころか損失となってしまっては目も当てられません。

FXで損失を出さないためには、きちんとしたFXでの運用計画を立て資金を運用していくことです。

ゆっくり着実にスタートさせていきましょう。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX


GEMFOREX
・最大1,000倍のレバレッジでゼロカットあり
・1,500以上の自動売買ソフト(EA)を無料で使える
・2016年度アジアベストブローカー最優秀賞受賞
・Bitcoin対応

XM.com


XM.COM
・888倍の最大レバレッジが利用可能でゼロカットあり
・業界トップクラスの約定力
・お得なキャンペーンが豊富
・Bitcoin対応
TITANFX


TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジとゼロカットあり
・高い約定力でリクオートなし
・Zeroブレード口座のスプレッドが業界最狭水準
AXIORY


AXIORY
・最大レバレッジは400倍でゼロカットあり
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールは「MT4」と「cTrader」の2種類選べる
LANDFX


LAND FX
・最大レバレッジは500倍でゼロカットあり
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なキャンペーンでお得に始められる


PAGE TOP