覚えればFX初心者でも利益が出せる

うねり取りを覚えれば初心者でも利益が取れる
当ブログではFXの初心者向けに様々な基礎知識を紹介しています。今回は初心者でも実践できる取引手法として「うねり取り」を紹介したいと思います。

もしあなたが投資はFXが初めてという初心者でしたら「うねり取り」と聞いてもどんな手法だかさっぱりわからないかもしれませんね。

株取引の経験がある方でしたら、このうねり取りという手法を実践して儲けた経験がある方もいらっしゃることでしょう。

元来うねり取りは株取引から生まれたトレード手法ですが、FXにも転用できるとして一部のFXトレーダーの間では密かに人気を集めています。

うねり取りという手法は決して簡単ではありませんが、極めればFXで安定的な利益が得られるようになるおすすめのトレード手法です。

ですが、まだまだFX業界では認知度は低く、このうねり取りという手法を紹介するFXブログなどもごくわずかです。ネットだけではFXのうねり取りに関する有用な情報が得られないばかりか間違った情報まで氾濫しています。

今回のブログではFXのうねり取りに関する正しい知識と儲け方について紹介していきたいと思います。

うねり取りとはそもそもどんな取引手法か


当ブログでうねり取りを紹介するのは今回が初めてです。

まずはFXにおけるうねり取りの基本的な考え方からご紹介していきたいと思います。うねり取りはどこまでもFX相場の動きに合わせることで利益を得ます。うねり取りはリズム取りとも呼ばれ、チャートの波のリズムに乗って建玉を繰り返すのが特徴です。

つまり「FXの相場の動きを予想」するのではなく、「FXの相場に追従」するのがうねり取りという手法であるといえるのです。

うねり取りは一定の値動きを続けるFXの相場に有効な手法で、レンジ相場などでは特に儲けやすいです。

よくレンジ相場を引き合いに出すと、単純に「安値で買って高値で売る」「高値で買って安値で売る」を繰り返す手法だと思われがちです。

ですがうねり取りはもう少し断続的に建玉(取引中で未決済の状態)していくFXの取引手法でして、ナンピンやドテンといった要素も多分に含んでいます。

ナンピンとは、建玉した時の思惑が外れた時に買い増しを行って全体の購入価格を下げるというFXの取引手法です。またドテンとは決済と同時に逆ポジションに持ちかえるFXの取引手法をいいます。

このようにうねり取りは様々なFX取引手法の要素を併せ持つ複合的な取引手法というわけです。

こういった手法を駆使しつつチャートのうねり(波)に上手く乗れば大儲けできるというわけですね。これがうねり取りやリズム取りと呼ばれる所以です。

リズム取りのイメージ

さて、なんとなくうねり取りがどんな手法かは掴めてきたけど実際どうやってやるの?
そんな疑問をお持ちのあなたのために、ここからはより具体的なイメージを膨らませていきたいと思います。

リズムよくナンピンするのがコツ

では、うねり取りの例を(1ロットあたり)10000通貨の取引で表してみたいと思います。


1ドル110円でまず1回目の買いをいれます。この後思惑が外れ1ドル109円に下がりました。ここで買い増しをします。
110円×10000=1,100,000円
109円×10000=1,090,000円

ということは、これで1通貨あたりの取得単価が109.5円となったわけです。

さてここから価格は上昇します。1ドル111円となりました。
さらに買い増ししましょう
110円×10000=1,100,000円
109円×10000=1,090,000円
111円×10000=1,110,000円

平均取得単価は110円となりました。
さてここからは押し目のポイントを探ります。

あなたが今狙いをつけているあたり、トレンドの転換点だとみている頂上付近に差し掛かったあたり、まずは1つ目の買いポジションを決済します。

この時点で価格は115円です。5円×10,000通貨で50,000円が利確。
続いて価格は116円まで上がりました。ここで2つ目の買いポジション。こちらも5円上がりましたので5万円の儲けです。

この時点でトータル10万円の利益を確定させています。3つ目の買いポジションは現時点で4万円の含み益があります。

117円まで上がってくれれば、同じく5万円の利益でトータル15万円となります。
しかし残念ながら価格は1円下がって114円・・・。ここで諦めて売りを入れ一旦買いで持っていたポジション全てが整理されます。

ここでレンジ相場がまだ続くと判断できるようであれば、また断続的に売りを入れていきます。

とまあこれがうねり取りのイメージです。相場のうねりとそのパターンを見極めることで攻略していくわけですが、ここまでのシナリオの通りにいくかといえば現実はそう甘くありません。

うねり取りを習得するためには

ではどうすればうねり取りという手法で稼げるようになるのか。やはりチャートはちゃんとみないとダメですね。

FXには膨大な数のテクニカル指標があります。それをすべて覚えようとするのは無理です。FX初心者の方は、移動平均線だけでも大丈夫です。贅沢をいえばオシレーター系も一つ加えたいところですが、手っ取り早くうねり取りの練習がしたいならまずその二つから始めるのがよいでしょう。

まず相場のうねりをよく見極めること。これがうねり取りの大前提です。それからうねり取りを実践する時はいきなり大きいロット数でトレードしないことです。

なぜならうねり取りというテクニックはきちんとハマってくるまで時間がかかるからです。あまりロット数を大きくするとすぐにロスカットにあってしまい資金がショートしがちなのです。

あとできるだけパターンのわかりやすい通貨ペアを選びます。時間帯にもよりますがドル円やユーロ円は割と安定してるのでやりやすいのではないでしょうか。

とにかくまずは取引通貨量をおさえて少しずつ慣らしていきましょう。

損切りが苦手なFXトレーダーにうねり取りはよい

うねり取りのよいところは損切りを考えなくていいことです。実はうねり取りは基本的にうねりに合わせて建玉を断続的におこなうので、損切りという概念自体がありません。

複数個ポジションを入れていき上がっても下がっても決められた範囲で切るという感じです。買いと売りが均衡しないタイミングもあり、この場合はドテンを外し過ぎて大きな損失を被ることもあるので注意が必要です。

基本的に相場さえ安定していれば、リズムよくトレードして儲けられます。

長期保有より短期トレードに向いている

ここまでの解説で勘のいい方ならお気づきでしょう。そう、うねり取りはスイングにはあまり向きません。このようなトレード手法だと仮に指値や逆指値を入れておいたとしても目を離すのがリスキー過ぎて1日中トレード画面から離れられなくなります。

やはりうねり取り向きなのはデイトレやスキャルだといえるでしょう。特に大きなトレンドの波をとらえるのではなく、レンジ相場を狙っていけば一日でいくらかの利益が狙えるでしょう。

逆にいえばうねり取りを活用すれば一日の短い時間でも大きな利益を得られる可能性も十分にあります。一度は試して欲しいおすすめの取引手法です。

この取引手法に関するまとめ

ではここまでうねり取りについて紹介してきた内容をまとめてみたいと思います。

  • うねり取りは複合的なテクニックである
  • 損切りを考えなくてもよい
  • 長期トレードにはおすすめしない

まだまだFXトレーダーには認知度の低いテクニックですがぜひ実践してみて下さい。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX


GEMFOREX
・最大1,000倍のレバレッジでゼロカットあり
・1,500以上の自動売買ソフト(EA)を無料で使える
・2016年度アジアベストブローカー最優秀賞受賞
・Bitcoin対応

XM.com


XM.COM
・888倍の最大レバレッジが利用可能でゼロカットあり
・業界トップクラスの約定力
・お得なキャンペーンが豊富
・Bitcoin対応
TITANFX


TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジとゼロカットあり
・高い約定力でリクオートなし
・Zeroブレード口座のスプレッドが業界最狭水準
AXIORY


AXIORY
・最大レバレッジは400倍でゼロカットあり
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールは「MT4」と「cTrader」の2種類選べる
LANDFX


LAND FX
・最大レバレッジは500倍でゼロカットあり
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なキャンペーンでお得に始められる


PAGE TOP