ペーパーテストの点数と資産運用の結果は無関係

投資に資格はいるの?

皆さんは投資を始めるにあたり、どのような資格が必要だと考えますか?

この質問をすると証券アナリスト、ファイナンシャルプランナーといった色々な資格を思い浮かべると思います。どの資格も就職活動では役に立ちますが、投資をはじめるためには必要ありませんし、難関資格を持っていたとしても投資で成功するとは限りません。

この話を聞くと「本当に資格は投資には役に立たないの?、投資の役に立ちそうな資格は色々ありそうなのに・・・・」といった疑問が浮かぶかもしれません。

そこでこのコンテンツでは、投資の成功に資格がいらない4つの理由について説明していきます。

投資の世界には模範解答はない

投資に模範解答はない

投資の成功において資格が不要である1つ目の理由は、「投資の世界には資格試験のような模範解答がない」からです。

確かに投資で成功するためには投資の原理原則を知る必要があります。この原理原則を理解するのに資格取得が役に立たないとは言えませんが、「資格の取得=投資の原理原則の理解」という公式は成り立ちません。

逆を言えば、投資の原則さえきちんと押さえますと資格取得なんてする必要なんてないのです。

それに投資の世界では資格試験のように模範解答がないので机上の理論通りに進まないケースがほとんどです。投資環境は日々変化するので以前は通用していた理論や法則が、突然使えなくなることが良く起こります。

そんな定石が通じない投資の世界で役に立つのは、模範解答よりも自分の経験から割り出した経験則や勘です。こういった実戦でしか身につかない感覚が投資の結果を分ける以上、投資で成功したいのでしたら資格勉強をやるよりも投資経験を増やす方が得策なのです。

試験の試験範囲に投資の実技はない

資格が投資の成功に不要な2つ目の理由は資格試験には投資の実技がないからです。

例えば株式投資の成功に不可欠な財務諸表の読み方が学べる簿記の資格があります。簿記の資格勉強を通して連結決算書を読めるようになれば株式投資の成功確率は上がるかもしれませんが、決算書を読めることと株で稼げるのは別の話。

そもそもの話ですが、簿記の資格試験の合格基準に「株式投資で〇〇円以上稼ぐこと」なんて要項はありません。実技科目がない以上、どんなに資格試験で投資の役に立つ知識を頭に入れても投資で成功するとは限らないのです。

資格試験の合格と実戦での成功が全く異なる以上、投資の成功確率をあげるために資格取得をすることはあまり得策ではありません。資格勉強は転職活動や自己研鑽のために行うものであって投資の成功のために取り組むものではないと頭に入れた方が良いでしょう。

知識の詰め込みでは臨場感を味わえない

知識を詰め込む資格勉強が投資に役立たない3つ目の理由は、資格試験では自分のお金を賭けるという臨場感を味わうことが出来ないことです。。

例えば投資の世界に詳しくなれる資格の1つに証券アナリストという資格があります。正直な話、証券アナリストの資格試験の試験範囲の1つである資産のポートフォリオ分析は投資の戦略を考える際にとても役に立ちます。

ですが、証券アナリストの資格勉強をはじめたとしても自分のお金が減ることはないですよね? いくら証券アナリストの勉強をしてもポートフォリオ分析に誤ることがどういった痛みを伴うかまでは実感することが出来ません。

その一方で株やFXに取り組む場合、自分の本当に大切な資産が毎秒毎秒変動します。つまり、自分の一瞬一瞬の判断が資産の総額を減らしてしまう恐れがあるので資格試験では学べない「痛み」や「歓喜」を味わうことが出来ます。

損失時の「痛み」と利益が出た時の「歓喜」を繰り返しながら冷静な判断力を養うことは投資の成功に欠かせません。資格取得や知識の勉強には、感情が揺れ動く要素が一切含まれていないので本番でしか味わえない臨場感がありません

知識が身につく資格勉強は無駄ではありませんが、投資の成功に欠かせない「生の感覚」は一切身につかないと考えたほうが良いでしょう。

FXや株式投資の成功者の多くは無資格者

投資に資格が不要な4つ目の理由は、FXや株式投資の成功者の多くは「無資格者」であることです。投資の成功者の多くが無資格者である理由は、資格の取得自体は投資の成功につながらないことを裏付けています。

何度も繰り返しになりますが、投資の成功には基本的なルールを押さえるといった相応の勉強は欠かせません。ですが、それは資格試験のような模範解答ではなく、投資の成功に求められる知識を身につけることが求められます。

その中には実戦でしか実感できない臨場感や失敗からしか学べない教訓も含まれます。現在投資の世界で一流中の一流と言われる「ウォーレン・バフェット」は、誰よりも長い期間自分のお金で投資を続けていました。

それに筆者の知る限り、ウォーレン・バフェットはいわゆるメジャーな資格は保有していなかったはずです。この事実を見ても投資で成功したいのでしたら資格勉強を通して理論を学ぶくらいなら自分のお金で投資をはじめた方が良いと言えるでしょう。

資格無しで取り組めるイチオシの資産運用法は「FX」

いかがでしたでしょうか?ここまで投資の成功に資格が不要である4つの理由をまとめてきました。

ここまで紹介してきましたように投資の成功の鍵は、「自分の資産」を「自分の経験」にもとづいて「自分の判断」で運用することです。ちなみに色々な投資商品がある中でも、無資格者が最も取り組みやすい投資商品はFXです。

FXは少額から始められますし、コツさえ掴みますと最小のリスクで大金持ちになれるチャンスが有る投資商品です。このサイトの中ではFXの基本的なルールや「最小限のリスクで億万長者になるコツ」についてまとめていますのでよろしければどうぞ。
 


PAGE TOP