資産運用を始めるあなたにおすすめの書籍とは?

初心者に おすすめの本は

このコンテンツでは投資初心者のあなたにおすすめの本を厳選して紹介しています。

「投資初心者の自分におすすめの本ってどれだろう…」

本でしっかり勉強しようと考えている投資初心者のあなたはこのような疑問を抱いているのではないでしょうか?

そこで今回は本選びで迷っているあなたのためにも投資初心者におすすめの本を5冊紹介していきます。投資入門の本や初級本、筆者イチオシの本を紹介しているので、このコンテンツを読めば投資初心者のあなたも自分に合った本を見つけることが出来ます

必見!はじめに読みたい投資の入門本2選

まず初めに投資を始めるにあたって読んでおきたい投資の入門本として「金持ちお父さん・貧乏お父さん」と「投資で1番大切な20の教え」の2冊を見ていきます。

「金持ちお父さん・貧乏お父さん」

金持ちお父さん・貧乏お父さん

この本は優れたビジネスマンでもあり、投資家でもあるロバート・キヨサキ氏が著した本で、世界中で爆発的に売れたお金に関するベストセラー本になります。お金に関して正反対の哲学を持つ2人の人物(父さん)を文中に登場させて、投資初心者にもわかりやすくて面白い経済論を展開させています。

この本では学校での勉強では決して教わることのない「お金」に関する教育こそが人生において絶対的に必要であると主張しています。そして給与の上がらない仕事をするよりも、自分の資産を賢く増やしていくことの方が豊かな人生を送ることができるというメッセージもこめられています。

そんなお金について学ぶことが出来る「金持ちお父さん・貧乏お父さん」を読んだ人の評価やレビューをまとめてみました。

  • 資産運用の考え方が理解しやすい
  • 貯金をするようになった
  • お金との向き合い方を考えさせられた
  • 投資を始める前に読んで良かった
  • 投資初心者の自分でも簡単に理解できる

など「お金との関わり合い」を考えさせられるという口コミが多いようです。投資を始める初心者のあなたもこの本を読んでおけば、お金の大切さや考え方をしっかり学べますね。

「投資で一番大切な20の教え」

投資で一番大切な20の教え

この本は資産運用で成功するために必要な20の教えを投資初心者でもわかりやすく解説しています。

著者であるハワード・マークス氏は「オークツリー・キャピタル」という資産運用会社の創業者です。オークツリー・キャピタルは約6.2兆円もの巨大ファンドを運用している信頼と実績のある運用会社です。

この本ではそんなハワード・マークス氏が自身の経験を基に「投資で成功するために何が必要なのか」をわかりやすく紹介しています。例えば投資を行う上で必要なリスクのコントロール方法や負けないコツなどを投資初心者向けに書いてあります。

具体的な投資に関する哲学を学ぶことができるので何度も繰り返して読む価値があります。そんな内容が詰まった「投資で一番大切な20の教え」の読者の評判や口コミについてまとめてみました。

  • 株式投資で成功するための方法が良くわかる
  • 今までの投資本になかった内容を具体的に述べている
  • 内容が簡潔にまとめられていて読みやすい
  • リスクのコントロールについて良くわかる

特にこの本では株式投資についての戦略や考え方が紹介されているので、株式投資を始めたい方や投資で成功するためのコツを学びたい方におすすめです。

ここまで投資初心者におすすめの入門書を2冊紹介してきました。特に「お金持ちお父さん・貧乏お父さん」は投資を行う上で重要な「お金」について学べるので、投資を始める初心者のあなたとも相性が良い本だと言えますね。

投資初心者向けの初級本2選

次に投資初心者におすすめの初級本として「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」と「投資バカの思考法」の2冊を見ていきます。

「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント

この本は長期的に「負けない」ための投資方法をわかりやすく解説している本になります。

著者である北村氏は慶應義塾大学卒業後、世界有数のペンシルベニア大学、経営大学院に留学、その後は大手のグローバル金融機関で証券アナリストとして活躍しているプロの投資家になります。

そんな北村氏は国内でも多くのトレーダーが実践している短期売買方法の「デイトレ」ではなく、長期的に投資を行うこと重要だと主張しています。他にも「2年半で11兆円稼いだ位資産運用法」や「株式ファンドの作り方」など様々な内容が掲載されているので、この本1冊で多くの情報を得ることが出来ます。

そんな多くの情報が掲載された「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」についてのレビューや読者の評価をまとめてみました。

  • 投資の基本が学べる
  • 資産運用が分かりやすく正直に説明されている
  • ポートフォリオについて理解することができた
  • 長期の分散投資の大切さがわかった

投資の基本から長期的に負けない投資方法などについての口コミが多く、多くの投資家から高い評価を得ているようです。投資でコツコツ利益を出していきたい方や株式に興味がある方におすすめの本になっています。

「投資バカの思考法」

投資バカの思考法

この本は、東洋経済オンラインやNewsPicksなどのメディアで話題になっている投資哲学の本になります。資産運用だけに囚われず、働き方、お金との付き合い方、生き方まで学ぶことができるので投資初心者だけでなく上級者まで幅広く支持されています。

ちなみに著者の藤野氏は25年間もの間、プロの投資家として活躍されている方で「ひふみ投信」のファンドマネージャーを務めていました。この本では、投資を始める初心者が気を付けたいことや人生においてお金がどのようなものかといった内容を解説しています。
そんなお金とどう付き合っていくかについて書かれている「投資バカの思考論」を読んだ人のレビューや感想をまとめてみました。

  • 成功する投資哲学が良くわかった
  • 投資以外に日々のビジネスにも役に立つ
  • 初心者でも読みやすく、わかりやすかった
  • 資産運用の基本が学べる
  • 人生観が変わった

この本ではお金に関してだけではなく、将来や人生についても参考になるという口コミが多く掲載されていました。この本はこれから投資を始める投資初心者だけでなく、お金の本質や人生観を学びたい方にもおすすめの1冊となっています。

筆者イチオシ!初心者におすすめの書籍はこれ

初心者におすすめの本はコレ

ここでは数ある投資関連の本の中でも、特に投資の初心者におすすめ!という筆者イチオシの本を紹介します。

それはズバリ、「敗者のゲーム-金融危機を超えて<原著第5版>」になります。この本は投資哲学の基礎として多くの投資家に読み継がれ、全米で50万部以上売れた本です。

敗者のゲーム-金融危機を超えて<原著第5版>” /></p>
<p>著者である<span style=エリス・チャールズ氏は全米公認証券アナリスト協会会長を務め、アメリカの投資分野における権威の1人とも言われています。この本ではそんなエリス・チャールズ氏が投資で負けないための心がけやリスク管理法、ポートフォリオの組み方などをわかりやすく解説しています。

他にも付録として投資との上手な付き合い方が掲載してあり、投資の初心者が投資をどう始めればいいか、どう進めていけばいいのかが書いてあります。投資初心者に必要なことがすべて網羅されているので、これから投資を始める初心者におすすめの本だと言えますね。

そんな「敗者のゲーム-金融危機を超えて」の口コミや評判を見てみます。

  • 初心者でも投資のことがよくわかる内容
  • 非常に読みやすい
  • 投資に関する心構えを学ぶことが出来る
  • ローリスクで堅実に運用利益を得たい人におすすめ
  • 個人投資家目線の投資法が書いてある
  • 投資初心者の自分にもわかりやすい
  • 投資を始めるにはないが必要かが学べた

中でも投資について学べたという口コミや評価が多く、これから投資を始める初心者の方から高い評価があります。個人投資家としての課題や人生設計の立て方、投資で負けたくない人や堅実にお金を増やしていきたい人におすすめの1冊だと言えますね。

ここまでのまとめ

今回は投資初心者におすすめしたい5 冊の本を厳選紹介してきました。ここで紹介した5冊の本は投資の世界でも有名なものばかりで、初心者でも読みやすいと評判の本です。

これから投資を始める初心者のあなたもここで紹介した本を読めば、投資の基礎や実際の運用方法を学ぶことが出来ますね。投資で大きな失敗をしないためにもこれらの本でしっかり勉強しておくことをおすすめします。


PAGE TOP