トレードを始める際にいくら必要か

FXを始めるには初期資金がいくら必要…?

FX初心者にとって初期資金をいくら用意するかというのはなかなか悩ましいところですよね。

そこで今回の記事では「FX初心者が用意する初期資金はいくらがよいか?」というテーマでお送りしたいと思います。

FXの初期資金額はそれぞれの経済状況もありますし、一概にいくらがよいとは言い難いところがあります。とはいえFX初心者のあなたからすれば明確な目安が欲しいところ…。

今回はそんなあなたのために、あなたのお財布事情や利用するレバレッジにあった初期資金額を提示したいと思います。

準備金額を考える際の2つのポイント

準備資金は余剰資金と初期資金

FX初心者が準備資金を考える際のポイントは「余剰資金」と「初期資金」という2種類の資金を把握することです。

余剰資金を把握する

「余剰資金の把握」というのは、自分の収入や貯蓄金額からFXに回せる金額を考えることです。FX初心者の間は、全額失っても生活に支障が出ない規模の資金でFXに取り組むのが鉄則です。

初期資金を把握する

「初期資金の把握」というのは、初心者がFXを始める際に必要になる金額を計算することです。例えば初心者のあなたが初回の最低入金額が10万円のFX口座を開設した場合、最低でも10万円の資金を用意する必要がありますね。

10万円の資金を用意するのが難しいのでしたらもっと少ない初期資金額でトレードに取り組めるFX口座を探すことになります。

ここまで見てきましたようにFX初心者の間はFXの着手に必要な資金額とあなたが無理せず使える余剰資金の把握が必要になります。FX初心者が2種類の資金を考える際にポイントになるのが、「必要証拠金」と「最低取引通貨単位」です。

レバレッジの鍵を握る「必要証拠金」

FXでレバレッジを利用する際に担保として最低限口座に入れておく必要がある資金を「必要証拠金」といいます。実は必要証拠金の額というのは、初心者のあなたが何倍のレバレッジを使うかで大きく変わります。

このことをご理解頂くために100万円に相当する規模のトレードを行う際に必要になる必要証拠金の額を利用レバレッジごとに紹介します。

利用レバレッジ 必要証拠金
25倍 4万円
20倍 5万円
15倍 6万7千円
10倍 10万円
5倍 20万円

この一覧表の通り必要証拠金の額は利用レートの高さと反比例の関係になります。高いレバレッジを使えば必要証拠金が下がり、低レバレッジでトレードに取り組むと必要証拠金の額が上がります。

FX初心者の間は利用予定のレバレッジではいくらの証拠金が必要になるかを適宜計算することをおすすめします。ちなみに初心者トレーダーと相性が良い5倍のレバレッジの場合、必要証拠金は取引額の5分の1の金額になります。

初心者が気になる「最低取引通貨単位」

FX初心者がトレードに必要になる初期師金額を把握する際に鍵を握るのが開設したFX口座に定められた最低取引通貨単位です。

例えばFX初心者のあなたが、最低取引単位数が10万通貨の口座を開設したとします。このケースだとFX初心者のあなたが「米ドル」を買うためには、10万ドルを買えるだけの初期資金を用意する必要があります。

仮に1ドルのレートが100円の場合、最低取引通貨数が10万通貨のFX口座なら1000万円の資金を準備する必要があります。FX初心者のあなたがFXの初期資金を抑えるためにも最低取引通貨数が少ない口座を開設するのが一番です。

多くのFX業者は最低取引単位を1,000通貨~1万通貨にしていますが、100通貨や1通貨からFXを始められるFX会社もあります。トレード初心者のあなたがFXの初期資金額を抑えたいのでしたら初期資金が少なくて済む初心者と相性が良いFX口座を開設するのが賢明な行為と言えるはずです。

理想の準備資金は30万円

いくらの資金でトレードに取り組めばよいかはあなたの予算次第ですが、1つの目安としては30万円があります。どうして30万円が初心者と相性が良いかと言いますと30万円の資金があれば過剰にレバレッジを使わなくて済むからです。

FX初心者に人気の5倍のレバレッジで100万円に相当する金額のトレードを行う場合、必要証拠金は20万円になります。(100万円÷5倍)

30万円の資金があれば20万円を必要証拠金に回し、残りの10万円を予備資金に回すことが出来ます。それに30万円は大金ですが、用意しようと思えば投資初心者でも用意できる金額だと思います。

30万円前後の初期資金を用意できれば目先の損益に囚われずにしっかり相場と向き合えるので格段に勝率が上がります。FX初心者のあなたは30万円を目安に初期資金を準備してみることをおすすめします。

初心者との相性が抜群の海外FX口座

初心者と相性抜群の海外FX口座

このコンテンツの最後に、初期資金の準備の面でもリスク管理の面でもFX初心者との相性が抜群の「海外FX口座」の特徴を紹介します。海外FX口座とは何かと言いますと海外のFX業者が提供している個人口座のことです。

海外のFX口座の最大の魅力は国内のFX口座と違ってレバレッジの上限制限がないことです。金融庁が取り決めたルールの影響で最大レバレッジを25倍と定めている国内口座と違って海外口座の場合は数百倍のレバレッジが使えます。

実は上限レバレッジが高ければ高いほどFXで必要になる初期資金額は低くなります。このことをご理解頂くために300万円に相当するトレードを最大レバレッジが25倍の口座と300倍の口座で行うとどの程度の資金が必要なのか見ていきます。

25倍のケース

最大レバレッジが25倍ですと300万円のトレードを行うには、300万円÷25倍で計算される20という数値が必要証拠金になります。つまりFX初心者であろうと上級者であろうとトレードを行うには最低でも20万円を用意する必要があります。

300倍のケース

最大で300倍のレバレッジが使える海外口座の場合ですと300万円のトレードを行うのに必要な初期資金額が大幅に下がります。具体的な数値としましては、300万円÷300倍で計算される1万という金額が必要証拠金になります。

25倍のケースと300倍のケースを比較して明らかなことですが、最大レバレッジが高いほど必要証拠金の額が下がります。この点を考えると最大レバレッジが高い海外口座は少額からトレードに取り組んでおきたい初心者にぴったりです。

ちなみにFX初心者にぴったりな海外口座は当サイト人気No.1のGEMFOREXです。

GEMFOREXは最大レバレッジを1000倍に設定しているFX会社で、完全日本語での電話サポートとメールサポートを提供しています。

当サイトには最大レバレッジの面でもサポートの面でもFX初心者との相性が良いGEMFOREXの特徴をまとめたコンテンツもあります。GEMFOREXちょっと気になるな…というあなたはこちらをどうぞ。

GEMFOREXの評判や魅力を紹介したページはこちら


PAGE TOP