leverageを安全に!

荒唐無稽!FXはレバレッジなし安全神話に根拠無し

FXの安全なレバレッジが知りたい。

レバレッジは危険?

ハイレバレッジはリスクが高いの?

と、このような不安をお持ちのトレーダーは少なくないようです。

ネットでは執拗にレバレッジは安全でないと煽る記事が多く、そのせいで余計に不安が掻き立てられます。

レバレッジの安全圏は何倍まで?
実はレバレッジの仕組みさえわかればこのような疑問は浮かばなくなります。

FXは安全でないという主張をしているサイトは何の根拠も述べません。実はFXのことをよくわかっていないのです。

今回はレバレッジの仕組みを解説しながら、こういった主張が虚構であることを証明していきたいと思います。

レバレッジを安全に利用したい方は参考にどうぞ。

レバレッジなしはリスクなしの虚構と真実

レバレッジなしだとリスクはない。どうしてそのようなことが言い切れるのでしょう。これからそれが大嘘であると証明していきたいと思います。

レバレッジなしが安全には明確な根拠がない

FXのレバレッジはなし(つまりレバレッジ1倍)がもっとも安全圏であると主張するサイトがあります。

ですが安全である根拠は何も述べずダラダラと関係のない話が続きます。実はどこかの本やサイトで拾い読みしたことを述べているに過ぎないのです。

レバレッジは「てこの原理」とも言われ、資金の何倍ものお金を運用できる仕組み。
と、まあここまではどこのサイトでも説明していますし、FXの入門本を買えばどの本にでも書いています。

ですが本当にきちんとしたレバレッジの説明をするサイトや本はそう多くありません。

レバレッジを高くしない方が安全という主張として次のような例を挙げる人たちが多いです。

【ドル/円取引】 ※便宜上1ドル100円のレートとする

レバレッジ 取引通貨量 1円の値動きでの損益
なし 10,000通貨 10,000円
10倍 100,000通貨 100,000円

上記の例でいうとレバレッジなしだと1円の値動きでの損益は10000円、10倍だと100000円となります。リターンが大きくなった分損失でのリスクも大きくなります。

この説明を受けるとたしかに「レバレッジはハイリスクハイリターン。下手にレバレッジをかけ過ぎてはいけない」と感じます。

ですがここには重要な説明が抜け落ちています。レバレッジだけでなく取引通貨量も大きくなっています。
当たり前ですが損益の大きさは「取引通貨量×変動したレート」となります。

もうおわかりだと思いますが、取引通貨量を変えなければレバレッジをいくらにしたところで損益に変わりはありません。

つまりリスクマネジメントとして本当に重要なのは、レバレッジでなくポジション(取引通貨量)管理なのです。

ちゃんと理解していればレバレッジが高い方が安全

ここまででレバレッジによってリスクが高くなることはないということが理解できたと思います。
次にきちんと説明しておきたいのはポジションを全く同じ条件にした場合レバレッジが高い方が安全だということです。

なぜなら「ロスカットになりにくい」からです。

ロスカットというのは証拠金*1に対し、含み損*2が一定の割合に達した時、強制的に決済し、損失を確定する仕組みのことです。

*1 FXに入金している資金 *2まだ確定していない損失
証拠金維持率が低いと一時的な急落があったせいで、まだ上がるはずだったポジションが切られてしまうこともあります。

なぜレバレッジが高いとロスカットになりにくく安全なのでしょう。

これは次の例をみていくとわかりやすいと思います。

所持金:100万円
損失額:50万円

レバレッジ 証拠金維持率
なし 50%
10倍 500%
100倍 5000%

レバレッジなしのケースだと、証拠金維持率60%でロスカットルールである場合、この時点で決済されてしまいます。
しかしレバレッジ10倍の場合だと500%であるため、あと440,000の含み損が出た時点でロスカットとなります。
100倍だとどうでしょう。あと494,000円でロスカットとなります。

もちろんここまで下がり続けるまで放置するのはよくないです。ですがこれだけの含み損を許容できるならそうそうロスカットされることもありません。

ここまででハイレバレッジこそ安全であるという理屈はある程度ご理解頂けたと思います。

FXのハイレバ規制のこれまでと今後の展望

ここまでレバレッジが直接的なリスクとはなりえないことを一つひとつ証明してきました。

またポジションが同じ条件で比較した時むしろリスクが低いことも明らかにしました。

ですが、日本では「レバレッジは危険なものである。」という意見が一定程度市民権を得ているように思います。
これには現在のレバレッジ規制が関係しているようです。

そもそもレバレッジが規制され始めたのは2010年8月ごろからです。2008年のリーマンショック以降徐々にレバレッジの上限が引き下げられるようになってきました。
それまでは国内でもレバレッジ100倍程度までなら使うことができました。ですが現在では25倍を上限とする規制があります。

金融ショックにより大きな損害をこうむった投資家が多かったことを理由に「投資家を守る」という口実で規制が進められてきました。
そしてさらに2018年には(まだ金融庁から正式な発表はありませんが)10倍まで上限が引き下げられる見通しです。

つまりFXでレバレッジが危険だという主張は、金融庁からのお墨付きというわけです。

このためネット上ではレバレッジ危険論者が大手を振って闊歩しているわけですね。

ちなみにかなりまともなことを書いている記事もありました。人気のウェブサイトAll Aboutにが寄稿されていた午堂 登紀雄氏の記事です。

読んでみると、なるほどこの人物はきちんとレバレッジの本質をわかってらっしゃる。
それだけではありません。なかなか面白い考察をされている。

その部分が次の内容です。

取引所取引は利権ビジネス

ひとつの理由は、リーマンショックで多くの人が資産を失くしたことが社会問題となり、世論としてのプレッシャーが高まったこと。そこで行政は、「弱者を保護し消費者を守ろうとしている心優しい政府」というイメージを高めたかったと考えられるでしょう。

政治家にとっても、政権の支持率を高め次の選挙で票を集めるには、耳あたりの良いことを言う必要があります。

もうひとつの理由は、これは憶測に過ぎませんが、役人の天下り先を確保するためでないか、というものです。
レバレッジが規制されると、一般的なFXである相対取引の魅力が欠けるため、くりっく365と呼ばれる取引所取引に人気が集まります。

これは公的な機関ですから、くりっく365が盛り上がればそれだけ収入が増えるため、たくさんの天下り役人を受け入れることができます。
実際、取引の仕組みやリスクはほとんど同じですが、お上の権限をフル活用し、税制面で優遇しています。

もしこの午堂氏の推察が正しければ、今後国内のFX市場はみるみる盛り下がっていくことでしょう。

そうでなくても以前から国内と海外のFXを比較すると、海外の方が断然メリットが大きいです。

なぜなら海外には借金を背負わなくて済む損失補償制度であるゼロカットがあり、レバレッジも1000倍くらいまで使えます。

国内FXでのメリットといえば申告分離課税であるということくらいしかないでしょう。

こういう人はハイレバ注意

ここまで散々ハイレバレッジは安全だと力説してきましたが、次のような人はハイレバレッジに注意しなければなりません。

それは「すぐ熱くなってしまう人」です。

ハイレバレッジはポジション管理にさえ気を付ければ比較的安全に利用できるはずでした。

が、一部の人たちはレバレッジを使うとついついそれを忘れてしまうようです。「レバレッジをかける=巨額の取引をする」と捉えてしまうようですね。

レバレッジ自体は危険ではありません。しかし取引通貨量を増やせば当然リスクが大きくなり、安全性は失われてしまいます。

最も安全なのは少額資金且つハイレバレッジ且つ小ロットです。

もし仮にゼロカットのある海外FX業者で取引したとしても、多額の証拠金を預けておけばその資金は多少なりともリスクに晒されるのです。

安全対策として逆指値は入れておく

ハイレバレッジを使えば証拠金維持率を高く保てるのでロスカットになりにくい。

これは紛れもない事実でありますが、一向に値が戻らず一方向にだけ相場が動き続けた場合じりじり損失が膨らんでいきます。

あくまでハイレバレッジにしておくメリットは「また値が戻ってくるはず」という期待があってこそなのです。
つまりロスカットになりにくい分「ここまでの含み損で損切りする!」というラインはご自身で設定する必要があるのです。

ここまで含み損が膨らんだら諦めた方が賢明だという基準を自分で作っておかなければならないわけです。

その基準が定まったら取引時には必ず逆指値を入れ、ご自身の判断で損切りを行えるようにしておきましょう。

今後は海外口座に注目

ここまでの解説でFXのレバレッジはきちんとした理解があれば安全であるということがご理解頂けたかと思います。

まずポイントを振り返ってみましょう。

  1. レバレッジなしはリスクなしは嘘
  2. 重要なのはポジション管理
  3. アツくなってロット数を増やすと危険
  4. 安全面を考え逆指値は入れておく

レバレッジ規制が厳しくなる中、恐らく今後は法人口座であってもかなり厳しい上限が設けられるはずです。
恐らく今後は海外口座に注目が集まることでしょう。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX


GEMFOREX
・最大1,000倍のレバレッジでゼロカットあり
・1,500以上の自動売買ソフト(EA)を無料で使える
・2016年度アジアベストブローカー最優秀賞受賞
・Bitcoin対応

XM.com


XM.COM
・888倍の最大レバレッジが利用可能でゼロカットあり
・業界トップクラスの約定力
・お得なキャンペーンが豊富
・Bitcoin対応
TITANFX


TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジとゼロカットあり
・高い約定力でリクオートなし
・Zeroブレード口座のスプレッドが業界最狭水準
AXIORY


AXIORY
・最大レバレッジは400倍でゼロカットあり
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールは「MT4」と「cTrader」の2種類選べる
LANDFX


LAND FX
・最大レバレッジは500倍でゼロカットあり
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なキャンペーンでお得に始められる


PAGE TOP