資産運用の成功に欠かせない損益管理のコツ

投資におけるリスクとリターンの関係を知る

このコンテンツでは投資を行っていく上で大切な「リスク」についてまとめています。

投資を行う上でリスクが気になるあなたは「リスクが少ない投資商品」を探しているのではないでしょうか?確かにリスクが少ない投資商品は魅力的ですが、その分リターンも小さくなってしまいます。

それでも投資で大きいリターンを求めていた私はリスクを徹底的に調べて、リスクを最低限に抑えるコツを発見しました。

この話を耳にすると「その管理法が気になる!」と思うのではないでしょうか。そこで今回は投資を行うあなたのためにも、リスクを抑えるコツや比較的損失が出にくい投資商品をまとめました。

投資におけるリスクとは?

一般的にリスクとは「危ない」や「損する」といったネガティブなイメージを持っていますが、投資でいうリスクとは「損益が予測できない」を指します。つまり利益になるのか損失になるのかわからないことをリスクと呼び、具体的に損益の揺れ幅をいいます。

リスクとリターンの図

このように株価の変動自体がリスクなので揺れ幅が小さいほどリスクが少なく、大きいほどリスクが大きいということになります。

損失なくしてリターンは得られない

投資をするにあたって、リスクとリターンは背中合わせで存在しています。リスクを抑えようとするとその分リターンも減ることになり、その逆も然りです。

つまりどの投資を始めるにしてもやはりある程度のリスクを背負わなければ、大きなリターンは望めません。じゃあ大きいリスクはどうすればいいの?と思う方もいるかと思いますので、次では投資で発生するリスクを極限まで減らす「リスク管理法」を紹介します。

大切なのはリスク管理

大切なのはリスク管理

リスク管理とはその名の通り、少しでもリスクを抑えるために「リスクを管理する」というものです。投資の世界の代表的なリスク管理方法として「分散投資」と「損切り」の2つがあるのでそれぞれ紹介していきます。

分散投資

投資の世界には「卵はひとつのカゴに盛るな」という有名なことわざがあり、卵を違うカゴに分けておけば落としても1度に全ての卵を割るリスクを回避できるという意味です。分散投資とはまさにこのことで、投資商品や投資時期を分散させて損失リスクを抑えることをいいます。

例えば20万円の投資資金すべてをA社の株に投資した場合、A社の株価が大きく下がって20万円全額分の損失が発生するかもしれません。このような事態を回避するために、A社とB社に10万円ずつ投資金額を分散して投資を行うことがリスク管理になります。

損切り

損切りとは現在起こりうる損失をそれ以上大きくしないために、あらかじめルールを定めて損失を抑える手法です。

例えば外貨の売買を繰り返すFXで1ドルレートが100円の時に、1万ドル分(100万円相当)のトレードを行ったとします。もし損切りルールとして「2万円以上の損失で決済する」と決めていれば、1ドル98円になった時点で決済ができます。

一方でなにもルールを決めずにトレードをしていると「いつかまたレートが上がるだろう」と考え、結果的により大きな損失を生む場合があるのです。

大きなリターンを求めて投資を行う方は、最低限のリスク管理として「分散投資」と「損切り」は徹底することをおすすめします。

1番費用対効果が高いイチオシ投資商品は「FX」

ここまで紹介してきたリスク・リターンの関係を踏まえると、1番コストパフォーマンスが良い投資商品はズバリ「FX」です。そこでこれからリスクを抑えて安く始めることができ、大きなリターンを得られる可能性があるFXを紹介していきます。

FX(外国為替証拠金取引)とは2つの通貨価値の差額で利益が出せる投資商品で、誰でも気軽に少額から始められると主婦や学生から人気があります。FXにはこれから紹介する4つの魅力があります。

  • 投資対象が少なく、馴染みのある通貨から取り組める
  • 他の投資商品と比べて手数料が圧倒的に安く済む
  • 24時間365日取引が出来る
  • レバレッジを使って自己資金より大きな規模のトレードができる

FX最大の魅力として「レバレッジ」を使うことによって最大で自己資金の25倍のトレードが行える点が挙げられます。FXはこのレバレッジを使うことによって簡単に大きなリターンを得ることが出来る反面、その分損失リスクもあります。

FXには高いレバレッジを利用して発生する損失を抑えるために、「ロスカット」という強制決済システムがあります。ある一定以上の損失が発生した時に、FX業者側が強制的に決済を行ってくれるので損失リスクも安心です。

FXは金利差からも利益がもらえる

FXには上で挙げた4つの魅力以外にも、実はもう1つ「金利差(スワップポイント)で利益がもらえる」という特徴があります。スワップポイントとはトレードする2つの通貨間の金利差が利息としてもらえるもので、その通貨ペアを保有している間は毎日もらえます。

例えば、高金利通貨の「豪ドル」と低金利通貨の「円」で組み合わせた「豪ドル/円」の通貨ペアを保有しているとします。「豪ドル」の金利は1.5%*なのに対し「円」は0.1%ですので、金利差は1.4%になります。(2017年5月現在)

提供しているスワップポイントはFX業者によって異なりますが、「豪ドル/円」ですと約35円~50円の金利差が保有日数分もらえます。このようにFXは金利差でもリターンが見込める投資商品になります。
 

ここまでの損益関係のまとめ

ここまで投資をするにあたって避けては通れない「リスク」の概要や、リスク・リターンの関係性などをまとめてきました。投資をするうえでリスクは切っても切れない存在ですが、そんなリスクも管理法やコツを知っているだけで大きく抑えることが出来ます。

これから投資を始める方はしっかりその投資商品に発生するリスクを見極め、適切に対処していくことが重要です。


PAGE TOP