国内FX業者で口座開設するならマイナンバー提出は必須

2016年の1月から、FXの新規口座開設にマイナンバーの提示が必要になりました。

また2018年の12月までにはすでに口座を持っている方もマイナンバーの提示が必要になります。

ただ皆さんの中には

「できるだけマイナンバー提示したくないなー」
と思っている方もいるのではないでしょうか。

流失したら最も危険な情報がマイナンバーとも言われていますから、FX会社に提示したくないと思うことは当たり前です。

そんな中、マイナンバーを提出せずにFXを始めることができたら、すぐに始めたくなりますよね。

この記事では

・FXとマイナンバーについて
・マイナンバーを提出しない方法

の2点を中心として書いていきます。

マイナンバーについて正しい知識を付けたうえで、マイナンバー不要のFX業者で口座開設してみてください。

なぜFXにはマイナンバーカードの提出が必要なのか?

→まずマイナンバー不要のFXについて知りたい

マイナンバーとは、日本国民全員に1つずつ、12桁の番号が与えられることです。

皆さんの家にも届いているのではないでしょうか。

ただ届いていても、あまり使う機会ってないですよね?

ではなぜマイナンバーをFX業者に提出する必要があるのか。

それは納税や年金の管理を簡潔化する目的があり、税金を逃れることや脱税といった行為を防ぐために実施されます。

税金の問題を解決するためにマイナンバーの提出を義務付けているので、
「会社に内緒でFXを副業としてやっている」

という方も心配ありません。会社に提出されるのではなく、税務署に提出されるだけです。

税金の問題を解決するためにマイナンバーは提出する必要があるのですが、このマイナンバー提出は誰が決めたのでしょうか?

それは日本の行政です。マイナンバーの普及によって、税金の手続きが簡単になり、脱税などを防ぐことにつながるので日本の行政からすると嬉しいですね。

なので逆に言えば、日本の法律が適用されなければマイナンバーは提出する必要がないのです。

実際国内FX業者で必須の手続きのやり方

またマイナンバーの提出は思ったより簡単です。

マイナンバーを写真で撮り(スマホでも可)、FX業者のWEBページにアップロードすればOKです。

他にもメールやFAX、郵送で送ることもできますが、写真を撮ってアップロードするのが1番簡単な方法です。

もちろん写真は通知カードでも、マイナンバーカードでも構いません。

国内の大手FX業者である、DMMFXでは2018年の12月までにマイナンバーを提出しなければ、アカウントが無効化されてしまうので、気を付けましょう。

今後期限が近づいてくれば、DMMFXだけでなくまだマイナンバーを送らない場合の対処について発表していないFX業者でも、ペナルティをくらうことは十分に考えられます。

マイナンバーの提出は簡単ですが、マイナンバーを提出せずにFXを始めたい方は国内のFX業者では口座開設することができません。

海外のFX会社で口座開設すれば提出は不要

つまり海外FXの業者なら、日本の法律が適用しないのでマイナンバーの提出は必要がないのです。

マイナンバーを提出不要以外にも、

・レバレッジ規制受けない
・損失補填ができる

と言った、日本の法律が適用されないからこそのメリットがあります。

日本のFX業者で取引すると、レバレッジ規制の影響で25倍までしかレバレッジを高くすることはできません。

25倍ですら世界的に見ると低いにもかかわらず、2018年内に10倍にまで規制するとも言われています。

そんな中海外のFX業者を使うと、1000倍などの高いレバレッジで取引することができます。

それ以外にもゼロカットという、資金以上に損失が出てしまった際にそのマイナス分をFX業者が払ってくれる制度があります。

→海外FXのメリットを知りたい方はこちら

話をマイナンバーに戻すと、海外のFX業者ではマイナンバーを提出する義務がありません。

ただマイナンバーの提出が不要と言っても、確定申告はする必要があります。

確定申告や税金を国内と海外で比較

いくらマイナンバーの提出が不要とは言っても、利益が出たら確定申告はしなければなりません。

なのでもちろんマイナンバーの提出が不要だからといって、脱税できるわけではありません。

悪質な脱税の場合は刑事告発になる可能性がありますし、後にばれると通常より高い税金を払わなければなりません。

脱税した人が周りにいないので悪質がどういう基準なのかという情報はありませんがやらないに越したことはないです。

国内と海外のFX会社では税金の制度が変わってしまいます。

日本のFX会社の場合、申告分離課税なので一律20.315%ですが、海外FX会社の場合総合課税なので利益によって税率が変わります。

海外FX会社の税率は以下の通りです。

課税対象の所得金額(課税所得額) 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円以下 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 636,000円
900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

税金や確定申告を国内と海外で比較してみると、

・マイナンバーが不要か

・税金の制度が利益によって変わるか

の2点以外は大きな差はありません。マイナンバーが不要でも脱税はできないはずです。

オススメの海外業者はGEMFOREX

 

 

そんなマイナンバーの提出不要の海外FX業者ですが、口座開設するFX業者を失敗すると出金拒否や約定拒否など、犯罪まがいの行為をされてしまいます。

なので安心できる海外FX業者を選びましょう。

オススメは当サイト管理人である私も使っている”GEMFOREX”です。

最大レバレッジは1000倍と海外のFX業者の中でも高く、もちろんゼロカットもあります。

そしてなんと言ってもボーナスの豪華さが売りです。

もしあなたが口座開設してから、始めて入金するときに50万円入金するとします。

GEMFOREXでは時期によりますが、入金額の100%ボーナスキャンペーンを行っていて入金したお金が2倍になるのです。

なので50万円の入金で資金は100万円になるというわけですね。

GEMFOREXにはまだまだメリットがあり、FX初心者の方でも安全に取引することができるのです。

ぜひGEMFOREXの詳細ページを見てみてださい。





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX



GEMFOREX
・最大レバレッジ1000倍
・豪華なキャンペーンやボーナス
・アジアベストブローカー賞受賞
・人気ナンバーワンのFX業者
XM.com



XM.COM
・レバレッジ888倍まで可能
・業界トップクラスの約定力
・利用者数ナンバー1
TITANFX



TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジ
・高い約定力でリクオートなし
・スプレッドが業界最狭水準
AXIORY



AXIORY
・最大レバレッジは400倍
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールが2種類選べる
LANDFX



LAND FX
・最大レバレッジは500倍
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なボーナスでお得に始められる

PAGE TOP