適切なゴール設定が結果を左右する

投資結果は目標設定で決まる

 

このコンテンツでは投資を行うにあたって重要になる目標設定についてまとめています。

投資の世界では設定する目標によって適切な投資商品、投資期間、狙える利回りが大きく変わります。「投資の目標」と聞くと小難しく感じるかもしれませんが、大まかな目標数値を決めるだけで問題ありません。

例えば「子供大学入学までに1,000万円貯める」とか「定年までに3,000万円を作る」といった願望の様な目標であっても構いません。目標があると「いくらの資金で投資に取り組むべきか」「どんな投資商品を買えばよいか」が明確になり、目標を達成するために何をすればいいのかが具体的になってきます。

このコンテンツでは投資の成功に欠かせない投資の目標の立て方とあなたの目標を達成できる投資商品について紹介していきます。

ゴール次第で適切な投資商品が変わる

投資の目標金額をどのくらいに設定するかによって適切な投資商品が決まります。つまり株、債券、不動産、FXといった色々な投資商品の中からどれを選べばよいかはあなたの目標次第だと言えます。

ここでポイントとなるのが、投資商品選びが投資の結果を大きく左右することです。

例えば1,000万円の自己資金を3年後には倍の2,000万円にするというゴールを設定したとします。このケースでは利回りが低い「債権」や運用までに時間がかかる「不動産投資」よりも、先物投資やFXの方が向いていると言えます。

「債券」の利回りは年利1%~3%です。もう1つの「不動産投資」は初期投資がかかり、本格的に運用利益が出るには数年かかります。つまり短期間の間にある程度のリターンや結果を求める場合には債券や不動産投資は向いていないのです。

一方、FXや先物投資にはレバレッジという機能があります。レバレッジというのは、元本をFXなら25倍、株式なら3倍まで大きくして売買できるシステムです。

このレバレッジを利用すれば、短期間で年間200%の利回りを達成することも不可能ではありません。自分と相性の良い投資商品を選ぶためにも、明確な目標額を設定することをおすすめします。

もちろん「投資には目標設定が欠かせない」ということを知っても、目標の立て方が分からないと対処しようがないと思います。そこでここからは、個人の投資家でもできる投資の目標の立て方を紹介します。

目標達成の鍵はゴールからの逆算

投資の目標を考える際に鍵となるのは、「逆算」とシミュレーションです。

逆算というのは目指すゴールと現状を明らかにした上で、どうやって目標を達成するのかを考えることです。逆算ができたらその目標額に達成するための手段をシミュレーションします。

例えば100万円の自己資金を5年後までに倍の200万円に増やしたいと考えた場合、年間利回りが「20%」必要になってきます。これを5年で300万円まで増やしたい場合は年間利回りが「40%」必要になりますね。

こういった逆算はスマホのアプリやパソコンのエクセルを使えば瞬時に計算することができます。一番身近なもので言えば、スマホアプリの中には「逆算機能がある電卓」があります。

この電卓アプリの中の「自己資金」、「運用期間」、「目標利益額」の3つを入力するだけで、目指すべき利回りが算出されます。他にもエクセルの関数機能を使うと、より緻密なシミュレーションを行うことも出来ます。

最終的な目標と現状の投資額がわかれば目標となる利回りが決まるので、目標設定をしたら逆算とシュミレーションをしてみることがポイントです。

年利別おすすめの投資商品

年利別のおすすめ商品は?

目標の利回りが決まったら、次にその目標利回りの達成に繋がる投資商品を探します。適切な投資商品を選ぶためにも主な投資商品の平均的な期待利回りを一覧にしてみました。

資産運用法 リスク 目標利回り
預金 0.01~0.2%
国債 0.05%
外貨預金 0.1~5%
外貨MMF 0.1~6%
株式投資 中~高 2~10%
不動産投資 中~高 5~20%
FX 中~高 3~200%

ここで一覧にした投資商品は日本人に人気がある投資商品です。それぞれリスクや利回りは異なりますが、自分の目標金額と照らし合わせて最適な投資商品を選ぶことをおすすめします。

そうはいっても、自分にはどれが合っているのかわからないな…とあなたは思うのではないでしょうか。そこで比較的利回りが良く、目標を達成しやすいと言われている投資商品をこれから見ていきます。

最も目標が達成しやすいのはFX

目標達成しやすい投資商品はFX

ここで紹介するおすすめの投資商品は「FX」です。

FXというのは簡単に言うと米ドルと円、円とユーロ、ポンドとユーロといった2つの通貨を両替しながらトレードする投資です。 そんなFXには、利益を上げる方法として「為替差益で稼ぐ」と「金利差で稼ぐ」の2種類あるので、それぞれ見ていきます。

為替の差益

為替の差益というのは、売買をした際に発生する為替レートの差額のこといいます。

例えば1ドル=100円のレートの時に、200万円を2万ドルと交換したとします。その後1ドルレートが110円に変わった場合、2万ドルは220万円になるので+20万円の利益が発生しますね。こういった為替の差益はFXで得られる一般的な利益になります。

金利差(スワップポイント)

金利差というのは、2つの通貨の金利の差のことで「スワップポイント」と呼ばれるものです。

例えばA国の通貨の金利が1%、B国の金利が5%であるとします。
Aの通貨を売ってBの通貨を買った場合、「5%-1%」となるので毎日4%の金利を受取ることができます。つまり取引しなくても、金利差だけで年間4%の利回りを達成できることになります。

この2つがFXの利益になります。

この2種類の利益は、先ほど紹介した「レバレッジ」を利用することによって利回りがアップします。レバレッジは「レバレッジ〇〇倍」という形で利用することになり、FXの場合は最大で25倍まで元本を大きくして外貨の売買に取り組むことができます。

例えば10万円を担保としてFX会社に預ける場合、レバレッジが5倍なら「10万円×5倍」として50万円分の取引ができます。レバレッジ5倍を利用した場合、為替差益とスワップポイントはともに5倍になります。

このようにFXはレバレッジの使い方次第で期待利回りを自由に操作できるのです。つまりFXならあなたが目指す投資の目標を比較的簡単に達成することが出来ると言えますね。

当サイトにはFXの基本情報をわかりやすくまとめたコンテンツもあります。「FXで投資を始めてみようかな」というあなたの役に立つ情報が掲載されているページはこちらからどうぞ。

 


PAGE TOP