資産配分の質が運用結果を決める

資産配分の質が運用結果を決める

「ポートフォリオの組み方が分からない・・・・」
「投資でベストなポートフォリオを教えてほしい」

あなたもこんなことを考えながらこのコンテンツに目を通しているのではないでしょうか?

このコンテンツでは投資の世界におけるポートフォリオの役割と理想的な投資配分についてまとめています。このコンテンツに目を通すだけで投資のプロが手がけるポートフォリオ戦略の基本が学べます

そもそもポートフォリオとは何なのか?

ご存知しれませんが、まずは「ポートフォリオとは何か」について簡単に説明します。「ポートフォリオ」を端的に表現すると資産をどのように配分するかを考えることです。

つまりあなたの所有資産をどの資産(株式や投資信託などの資産)に、どれくらいの割合で配分していくかを決めることを指します。

ちなみに投資の世界では色々な資産があります。

株式や投資信託といった金融商品もあれば金や不動産と言った実物資産もあります。それに現金も資産です。こういった複数の資産にあなたの総資産を分散することがポートフォリオなのです。

投資の世界における資産の分散の役割

資産分散の役割とは

次にポートフォリオの役割について見てきます。

実は、ポートフォリオを組まなくても投資に取り組むことは出来ます。この話を聞くと「ポートフォリオを組む必要ってあるの?」といった素朴な疑問が生まれるかもしれません。

この疑問を解消するために1つ例を出します。

例えばあなたが特定の会社の株式に100万円投資したとします。もしその企業に何か大きな事件が起こり、持っていた株価が大暴落したらどうなるでしょうか?

言うまでもなく大きな損失を被ることになりますよね。

それでは、100万円のうち株式を買うのを50万円にして残りの50万円を債券に回すとどうなるでしょうか?株と債権は基本的に逆の動きをするので株が値下がりした時は債権の価値が上がることが見込まれます。

要するに株の損失を債権で補填できて株の値下がりをカバーできるばかりか逆に資産総額を増やすチャンスすらあるのです。

このようにポートフォリオを組んで複数の資産を保有しますと資産総額が減るリスクが下がります

基本的な作り方とは?

ここまでの内容でポートフォリオはどんなもので、投資の世界におけるポートフォリオの役割がわかったと思います。そこでここからは具体的なポートフォリオの組み方を解説していきます。

ポートフォリオを組む際のポイントは、投資する商品と各商品に投資する配分を決めることです。例えば投資対象を「不動産」、「国内株式」、「海外債権」、「純金」の4種類に決めたとします。

このケースですと最終的に保有する資産は「現金」、「国内企業の株式」、「海外企業の債権」、「金」となります。仮にあなたの総資産が3千万円だった場合、その3千万円の何%を現金で持ち続けて、残りの何割をどの投資商品に投資するかを考えることになります。

なんとなくポートフォリオを組む際の全体像がわかったでしょうか?

ちなみにポートフォリオの構成を誤らないためにも投資のゴールを考える必要があります。

例えば資産を守るというのが目的でしたら元本保障が付いている投資商品や大きな値崩れがしない安全性の高い資産に投資することになります。それに現金で保有する割合も高くしたほうが良いでしょう。

逆に総額を増やしたいのでしたら資産の一定割合を、値上がりが見込める投資商品に回す必要があります。

資産を複数の投資商品に分けるのがポートフォリオの原則ですが、どういった投資商品に資産を回すべきかはアナタ次第。

勝ち組投資家から学ぶ理想のポートフォリオとは?

理想的なポートフォリオを組む為の6つのポイント

ポートフォリオの組む際に投資で成功している人の資産配分を真似するのはかなり役立ちます。そこでここでは投資で成功している人がポートフォリオを組む際に心がけている6つのポイントを紹介します。

  1. 自分が許容できるリスクの幅を明確にする
  2. 短期的利益に向かうよりも、長期的視野で投資に臨むこと
  3. 常に最悪の事態を想定したポートフォリオを組む
  4. 値動きやリスク要因が異なる商品を保有する
  5. 一定数危険性の高い資産を持つ
  6. 適宜資産配分を変える

この6つの中でも「値動きやリスク要因が異なる商品を保有する」「一定数危険性の高い資産を持つ」「適宜資産配分を変える」は特に大切です。

まず「値動きやリスク要因が異なる商品を保有する」ですが、これはポートフォリオを組む際の基本テクニックです。例えば実物である金と金融商品である株を1:1で保有したとします。

このケースですと金融市場が荒れて金融資産の価値が軒並み下がると対象的に金の需要が上がります。つまり保有している金融資産の下落を金の値上がりでカバーできるのでディフェンスに優れたポートフォリオができます。

逆に「一定数危険性の高い資産を持つ」というのはポートフォリオにおけるオフェンスです。ポートフォリオを組むと複数の資産に投資することになるので爆発的な稼ぎが期待できないという課題が生まれます。

この課題も資産の一定数を新興国の株式といったリスクが高い資産に投資しますとある程度解決されます。端的にいうと堅実な生活をしながらも毎月3千円だけ宝くじを買って「3億円を手に入れるチャンスを持つ」ようなスタンスです。

一定数危険性の高い投資商品を持ちますと安全第一のポートフォリオを組みながらも投資で稼ぐチャンスを捨てなくて済みます。

最後の「適宜資産配分を変える」というのは、リバランスと言われる行為です。当たり前かもしれませんが、あなたが許容できるリスクや狙う利回りは年齢や運用実績によって変化していきます

それに一度立てたポートフォリオの資産配分も各投資商品の価格変動で大きく変わります。このことを考えると一度決めた投資商品の配分は適宜見直して今のあなたに合うようにアレンジしていく姿勢が投資の成功には欠かせません。

勝ち組と呼ばれる投資家は、9割方「値動きやリスク要因が異なる投資商品を保有する」、「定数危険性の高い資産を持つ」、「適宜資産配分を変える」を実践しています。

彼等のやり方を真似するだけで投資の成功率は上がるので参考にすることをおすすめします。

資産配分の質を高める便利なツール

資産配分の質を高める便利なツール

ここまででの内容で投資の成功にポートフォリオが欠かせないこととポートフォリオを組むコツがわかったと思います。そこでこのコンテンツの最後のポートフォリオの質を確かめる際に非常に役に立つツールを紹介します。

今回紹介するのは、「わたしのインデックス my INDEX」というサイトが提供している資産配分の分析ツールです。

この資産配分分析ツールの利用方法はとても簡単でメールアドレスを登録してあなたのポートフォリオの資産配分を入力するだけ。資産配分を入力しますと期待リターンの大きさと発生が見込まれるリスクの大きさが数値として出てきます

それに他の利用者の資産配分の平均値なども見ることができるので、資産配分を考える際の参考にもなります。ポートフォリオの質のチェックを自分でするのは難しいので、こういった便利なツールで客観的に自分のポートフォリオの安全性を確認することをおすすめします。

ちなみにこちらのコンテンツを読んでいる方に、よく読まれている関連コンテンツはこちらになります。よろしければどうぞ。

投資の結果を左右する「目標設定」のコツや注意点はこちら

おすすめの投資商品をまとめたコンテンツはこちら


PAGE TOP