10万をFXで6億まで増やしたGFFの手法と引退


かつてFXで6億稼いだ人物がいるのをご存知ですか。

彼はニコニコ動画の提供するニコ生FXで一躍有名になりました。

所持金10万円からFXを始め最初は負けていましたが、ある時たった5週間で2億円以上を稼ぎ出すことに成功します。2億です。2億あれば十分人生あがれちゃいます。

ですが彼はそこでFXをやめませんでした。それからなんとFXで含み益6億まで増やすことに成功します。そのFXで6億稼いだ男がGFF(ぐふふ)氏です。

ニコニコ動画で生配信することにより脚光を浴びたGFF氏。ですが、なんと資金を6億まで増やしておきながらあれよあれよと溶かしていき、最終的には引退をしてしまいます。

6億なんて夢のような金額・・・。誰もが手にしたいはず。一体どうやって6億を手にしたのかその手法、気になりますよね。

今回はGFF氏が6億稼いだその手法と、なぜニコニコのヒーローがあえなく引退し、散っていったのか探ってみたいと思います。

FXで億を稼ぎ出した男の手法

ではさっそくですが、気になる6億トレーダーGFF氏のトレード手法についてじっくり見ていきたいと思います。

RSI手法でブレイクを狙う

6億トレーダーのGFF氏が主に用いていた手法は RSI手法でした。

RSIとはテクニカル指標の一つでカンタンにいうとある期間内の値動きは上昇と下降どちらの勢いが強いのかを判断する指標です。ではこのRSIを用いてどのようなトレード手法をとっていたのか。詳しく説明していきましょう。

実は6億トレーダーのGFF氏はこのRSIにトレンドラインを引いていました。 ブレイクの瞬間を狙ってエントリーしていたのです。基本的に利用するチャートは10分足。 ※ただしトレンドの勢いをみる時は1時間足や4時間足でもみます。

こうやってRSIに対し数本のトレンドラインを引いていくことで、エントリーと利確を繰り返していきます。 (損切りも同じ要領でこのトレンドラインを基準に考えます。) 利食いのタイミングは買いの場合は利確幅を多めに取、売りの場合は買いの半分程度におさえます。

6億トレーダーが参考にしていたアナリスト

6億トレーダーのGFF氏は専門家の分析も積極的に取り入れていたようです。

その中でもGFF氏が特にお気にいりだったのが吉田恒氏と川合美智子氏だったといいます。

こう二人は一体どういった人物かといいますと、吉田恒氏は「誰でもファンドマネージャー」という触れ込みのFX塾FXアカデミアの学長。「FX予測のプロフェッショナルがついに書いた!FX7つの成功法則」など多数の書籍も執筆しています。

川合美智子氏は(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役兼外国為替ストラテジスト。
FXの予想や相場レポートなどを配信しています。

どちらもFX界では名の知れたアナリストです。こういったアナリストの予想も積極的に取り入れ、相場予想に励んでいたのですね。GFF氏の貪欲さがうかがえます。

ニコニコ動画スターからの転落

ニコニコ動画にFXのトレードを生配信することで人気を得てきた6億トレーダーGFF氏。

飛ぶ鳥を落とす勢いであった彼にも転機が訪れます。
一時は含み益が6億まで膨れ上がっていた資産が半分までに減らしてしまいます。

なんと3億円のロスカットにあってしまうのです。3億です!さすが6億トレーダー、損失のスケールが違う。

その後も負けが続きジリジリと損失を重ねていってしまうのですが、なんと最後にはとうとう資金30万まで減ってしまったのです。

一時はニコニコ動画でスターのように持てはやされたGFF氏ももはや見る影も無くなってしまいました。
とある知人からは200万円を借りて返さないという、いわゆる仮りパク状態だったという話まで浮上しました。

ニコニコ動画の配信でも負け惜しみのような発言が続くようになり、GFF氏を神のように崇めていた信者たちも離れていくようになります。

6億トレーダーの栄光と影 転落そして引退

鮮烈なデビューから凄まじい勢いで資金を増やしたGFF氏。

6億円まで増やしては、3億円のロスカットを受けるなどトレードの豪快さもニコニコ動画で人気を呼んでいた理由の一つでした。

最後は100万円から大きく負け30万まで資金は減らします。これが決定打となりました。

放送では「これから面接です。完全復活も1、2年先くらいになっちゃうのかと思って」と話し、当時の輝かしさは完全に失われていました。

これが事実上の引退宣言となり、6億円トレーダーははかなく引退していったのです。

GFF氏の経験から何を学ぶか

6億円もの大金を稼いでおきながら、なぜあのような形で引退しなければならなかったのか。

3億でも残しておけば十分人生あがれたろうに・・・。恐らく多くの方がそのように思われるのではないでしょうか。
GFF氏はあくまで10億円の利益を目指していたといいます。

敗因を考えると、一つは欲を出し過ぎたこと。

そしてもう一つ、為替相場はそれほど甘くはなかったということでしょう。

インターバンクは個人投資家だけでなく、多くの機関投資家や世界中の金融機関などが参加しています。

相場はそのような人たちの思惑によって形成されていくのです。
ある意味の思いっきりのよさが6億まで増やせた理由の一つだといっていいですが、その思いっきりのよさが仇となったのでしょう。

GFF氏の転落から何を学ぶか。それは読者のあなた次第です。

→当サイトFX初心者トップページへ





初心者はこれで選べ。人気の海外FX口座ランキング
GEMFOREX



GEMFOREX
・最大1,000倍のレバレッジでゼロカットあり
・1,500以上の自動売買ソフト(EA)を無料で使える
・2016年度アジアベストブローカー最優秀賞受賞
・Bitcoin対応
XM.com



XM.COM
・888倍の最大レバレッジが利用可能でゼロカットあり
・業界トップクラスの約定力
・お得なキャンペーンが豊富
・Bitcoin対応
TITANFX



TITAN FX
・500倍まで利用可能なレバレッジとゼロカットあり
・高い約定力でリクオートなし
・Zeroブレード口座のスプレッドが業界最狭水準
AXIORY



AXIORY
・最大レバレッジは400倍でゼロカットあり
・狭いスプレッドと高い約定力を提供
・取引ツールは「MT4」と「cTrader」の2種類選べる
LANDFX



LAND FX
・最大レバレッジは500倍でゼロカットあり
・60種類以上の通貨ペアを提供
・豪華なキャンペーンでお得に始められる


PAGE TOP