未経験者が短期トレードで勝つためには?

スキャルピングで勝つ為には?

このコンテンツではFX初心者のあなたがスキャルピングで失敗しないためのコツをまとめています。

「FX初心者の自分でもスキャルピングって勝てるかな…」
「スキャルピングってどんなトレード方法なの?FX初心者でもできるの?」

FX初心者のあなたはスキャルピングに対してこのような疑問を抱いているのではないでしょうか?FXのスキャルピングは、短い期間内に何回もトレードを繰り返して利益を重ねていくトレード方法です。

比較的リスクが低いスキャルピングはポイントさえ押さえることができれば、FX初心者のあなたも安定して利益を出すことができます。この話を聞くと「そのポイントって何なの?」と関心が強まると思います。

そこで今回はスキャルピングの基礎知識から、FX初心者のあなたがスキャルピングをする際に覚えておきたい5つのポイントを詳しくみていきます。

短期トレード法「スキャルピング」とは?

FXには一日の中で利益を狙う代表的なトレード方法「デイトレード」の他にも、今回見ていく短期のトレード方法「スキャルピング」があります。

スキャルピングというのは、数十秒~数十分の間に何回もトレードを繰り返して小さい利益を重ねていくトレード方法になります。一般的なデイトレードと比べて1回で得られる利益は小さくなる半面、大きな損失が発生するリスクを大幅に下げることが出来ます。

損失リスクを抑えられる分、スキャルピングはFX初心者のあなたにも向いている手法だと言えます。そこでここからはFX初心者のあなたがスキャルピングを上手く使いこなすコツを見ていきます。

スキャルピングをするための2つのコツ

スキャルピングの2つのコツ

ここではFX初心者のあなたが覚えておきたいコツとして、これから紹介していく2つのポイントを見ていきます。

・慣れないうちは15分足でトレードに取り組む
・「ボリンジャーバンド」というテクニカル指標を活用する

慣れないうちは15分足でトレードに取り組む

FX初心者の内は15分足からスキャルピングに取り組むことが良いと言われています。

正直15分足と言われてもFX初心者のあなたはよくわからないですよね。

FXには値動きを一定期間ごとに区切ってグラフ化した「時間足」というチャートがあります。1日の値動きを表す「日足」から1分間の値動きを表す「1分足」まで細かく区切られています。

数分~数十分の間に何回もトレードを繰り返すスキャルピングは、1分足~15分足を使うのが一般的になります。FX初心者のあなたは慣れるまで15分足でトレードを行い、慣れてきたら10分足や5分足といったように時間足を短くしていくことをおすすめします。

「ボリンジャーバンド」というテクニカル指標を活用する

スキャルピングを上手く行うもう1つのコツは、FX初心者も扱える「ボリンジャーバンド」というテクニカル指標を活用することです。

ボリンジャーバンドというのは相場に大きな変化がなく、売り・買いのタイミングが掴めない時に役に立つ指標です。先ほど紹介した15分足と組み合わせて使うことによって、FX初心者のあなたもスキャルピングでの勝率を大きく上げることができます。

ボリンジャーバンドは中央線を真ん中として、上下に「±1σ(シグマ)」と「±2σ」を1本ずつ表示した計5本のチャートになります。ボリンジャーバンドを使うと売り・買いのタイミングが掴めるので、スキャルピングでの失敗を防ぐことが出来ます。

例えば15分足のチャートが-2σに近づいてきたら「買い注文」+2σに向かったら「売り注文」のように一目で判断できるようになります。FX初心者のあなたは15分足とボリンジャーバンドを組み合わせることによって、スキャルピングで勝つ確率が大きく上がります。

当サイトにはFX初心者のあなたが覚えておきたい基本的なテクニカル分析方法をまとめたコンテンツもあります。FX初心者でも扱えるテクニカル指標が気になる!というあなたはこちらへ。

FX初心者向けのテクニカル分析をまとめたページはこちら

トレード初心者に向いている通貨ペアを利用する

初心者に向いている通貨ペアは?

次にFX初心者のあなたがスキャルピングを行う際に、利用する通貨ペアの選び方を見ていきます。

「え?スキャルピングに向いている通貨ペアがあるの?」

FX初心者のあなたはこのようなことを思い浮かべるかもしれません。短期間でのトレード方法であるスキャルピングは、通貨ペアによって向き・不向きがあります。

そこでここではスキャルピングを行うFX初心者のあなたが知っておきたい2つの通貨ペアの選び方を見ていきます。

スキャルピングの勝敗を分けるスプレッドを見る

FX初心者のあなたが通貨ペアを選ぶ際に最も気を付けたいポイントは、「スプレッド」が狭いかどうかになります。

スプレッドというのは売買する2つの通貨間に生じる「売値」と「買値」の差額のことをいい、FX業者や通貨ペアによって異なります。このスプレッドは売買するFX会社への取引手数料のようなものなので、売り・買いの時にそれぞれかかります。

特にスキャルピングは短い期間に何回もトレードを行うので、スプレッドが広いとコストが非常にかかります。スプレッドが広い・狭いと言われてもよくわからないと思うので、FXの世界で人気がある4つの通貨ペアの業界最狭スプレッドを一覧にまとめてみました。

人気の通貨ペア 業界最狭スプレッド
米ドル/円 0.3銭~
ユーロ/円 0.5銭~
ポンド/円 1.0銭~
ユーロ/ドル 0.5pips(0.5銭~)

米ドル/円のスプレッドは0.3銭、ユーロ/円のスプレッドは0.5銭が業界最狭のスプレッドとなっています。スキャルピングを行うFX初心者のあなたは米ドル/円やユーロ/円など、比較的狭いスプレッドの通貨ペアを選ぶことをおすすめします。

FX初心者は値動きが安定している通貨ペアを選ぶ

FX初心者のあなたは比較的安定した値動きの通貨ペアを選ぶことも重要になります。

FXの通貨ペアは流入量や国際情勢など様々な理由で変動しており、その通貨ペアごとに動きに特徴があります。例えばユーロ/ドルは、世界で一番取引量が多い「米ドル」と「ユーロ」の組み合わせのため、値動きも安定しておりFX初心者にも向いています。

ユーロドルの他に、米ドル/円の通貨ペアも値動きが安定しており、スプレッドも狭い通貨ペアなのでFX初心者に向いていると言えます。

一方で大きな値動きが頻繁にある「ポンド」は、値動きが荒すぎてFX初心者には向いていません。このようにそれぞれ特徴がある通貨ペアの中でも、FX初心者のあなたにおすすめなのは「米ドル/円」と「ユーロ/ドル」の通貨ペアです。

世界の基軸通貨である「米ドル」や「ユーロ」を組み合わせている通貨ペアなので流入数も多く、安定しています。また馴染みのある「円」と組み合わせることによってFX初心者のあなたも安心してFXに取り組むことが出来ますね。

過剰に高いレバレッジの利用を控える

次に見ていくポイントは、高すぎるレバレッジの利用を控えることです。

そもそもレバレッジというのは少ない資金でも大きな額のトレードが行えるもので、国内では最大で25倍まで利用することが出来ます。少額の資金でも大きな利益を見込めるレバレッジは大きな魅力になると同時に、大きなリスクにもなります。

特にスキャルピングで毎回高いレバレッジでトレードを行うと、一回の大きな失敗で大きな損失に繋がる可能性もあります。FX初心者のあなたは低いレバレッジでなるべくリスクを抑えることをおすすめします。

約定力の高いFX業者でスキャルピングに取り組む

約定力0.78秒以内

何回も注文と決済を繰り返すスキャルピングで勝つためには、約定力が高いFX業者を選ぶことも重要になってきます。

約定力と言われてもよくわからないですよね。

FXでは注文が成立することを「約定」といいます。そして注文してから成立するまでの時間が早かったり、滑りがないことを「約定力が高い」という言い方をします。

ちなみに滑りとは「スリッページ」といい、「注文」した時のレートと「成立」した時のレートが変わってしまうことです。約定力が低いとスリッページが発生し、思い通りのレートで注文が成立しないことがあります。

なるべく約定力が高くてスリッページがないFX業者でスキャルピングを行えば、FX初心者のあなたもスリッページのない安定したトレードが行えます。

「でも約定力が高いFX業者ってどこなの?」

このような疑問を抱くFX初心者のあなたに、約定力が高いおすすめFX業者を紹介します。それはズバリ、FX初心者のあなたにも向いている海外FX業者の「ゲムフォレックス」です。

なぜゲムフォレックスがスキャルピングに向いているかと言いますと、高い約定力があるうえに「スキャルピングOK」と公言しているからです。そもそも国内にはスキャルピングできると公言しているFX業者はほとんどありません。

スキャルピングOKと公言しているゲムフォレックスの約定は「0.78秒以内に99.79%の注文が成立する」となっています。1秒もしないうちに注文が成立してくれるので、FX初心者のあなたもスリッページもなくサクサク注文することができます。

ゲムフォレックスは高い約定力以外にも、最大で1,000倍まで利用できるレバレッジなど様々な魅力があります。当サイトには他のFX業者にはないゲムフォレックスの魅力や評判をまとめたコンテンツもあるので「ちょっとゲムフォレックス気になるな…」というあなたはこちらへ。

 

要注意!FX初心者は損切りを徹底して大きな損失を防ぐ

次にFX初心者のあなたがスキャルピングを行う際に知っておきたいリスク管理法の「損切り」をみていきます。

損切りというのは大きな損失になってしまう前に、早めに決済して大きな損失を未然に防ぐことです。どういうことかといいますと、まずFXでは現在トレードを行っている持ち高のことを「ポジション」といいます。

そして為替レートが下がると、持っているポジションに「含み損」が発生します。含み損というのはポジションの損失見込みのことをいい、決済すると発生する損失額をいいます。

損切りはこの含み損が大きくなる前に決済することによって、大きな損失になるのを防ぐ手法です。ちなみにFX初心者のあなたもすぐに実践できるこの損切りを上手く行うコツは、「損切りルール」をしっかり決めておくことです。

損切りルールとは「含み損が1万円になったら損切りする!」といったように自分の中で損切りを行うラインを作ることです。損切りルールをしっかり決めておけば、FX初心者のあなたもトレードで大きな損失が出ることはほとんどありません。

FX初心者のあなたは大きな損失を防ぐためにも、損切りルールをあらかじめ決めてスキャルピングを行うことをおすすめします。

最後のまとめ

今回はFX初心者のあなたがスキャルピングで失敗をしないためのポイントを見てきました。もう一度おさらいをしてみます。

  • 15分足とボリンジャーバンドを活用してみる
  • FX初心者はスプレッドが狭く安定している通貨ペアで挑む
  • 慣れるまでは低いレバレッジを利用する
  • 約定力の高いゲムフォレックスなどで行う
  • FX初心者は損切りを徹底する

FX初心者のあなたが気を付けたいポイントはこちらの5つになります。この5つのポイントさえ把握できれば、FX初心者のあなたもスキャルピングで失敗する確率は大幅に下がります。


PAGE TOP