勝てるトレード方法とは?

初心者向けの手法を紹介

連先企画「そこが知りたい!トレードのコツと必勝法」の第三回と致しまして、今回はFX初心者のあなたが知っておきたい3つのトレード手法について書いていきたいと思います。

「FX初心者の自分でも勝てる手法ってあるのかな…」

自分に合ったトレード手法を探しているFX初心者のあなたはこのようなことを思っているのではないでしょうか?確かにFXには様々なトレード手法があるので、どれがFX初心者に合っている手法なのかわからないと思います。

そこで今回はFX初心者のあなたにおすすめのトレード手法として「順張り」、「逆張り」、「スキャルピング」の3つを紹介していきます。

王道手法!FX初心者にもおすすめの「順張り」トレード

順張りの説明

まず初めに紹介する手法は、FXの世界では王道の手法である「順張り」になります。

順張りという手法は相場に合わせて「売り」、「買い」を行うトレード手法になります。例えば相場が上向きに上昇しているときに合わせて「買い」、逆に相場が下降していれば「売り」トレードをすることが「順張りトレード」になります。

順張りトレードはプロも含めた多くのトレーダーが活用しているトレード手法で、特にFX初心者との相性が良い手法だと言われています。

「順張りトレードって言われてもどのタイミングで売買を始めればいいの?」

いざ順張りトレードを行おうとしても、FX初心者のあなたはこのような疑問を抱くのではないでしょうか?そこで売買のタイミングを把握するために、FX初心者のあなたが順張りトレードを行う際に活用したいテクニカル指標があるので見ていきます。

基本的なテクニカル指標「ボリンジャーバンド」

ボリンジャーバンドというのは、売り・買いのタイミングが一目でわかるようになるテクニカル指標となっており、FX初心者におすすめの基本的な指標です。

ボリンジャーバンドは使い方がとても簡単で、まずチャート画面に表示させると曲線が3本、もしくは5本表示されます。5本表示される一番外側の線を±2σ(シグマ)といい、この曲線を基準にトレードを判断します。

順張りトレードでは、この±2σを基準にトレードしていきます。チャートが±2σを超えて飛び出してくると、トレンド発生のサインとなります。この後押し戻されることもありますが、次のチャートも±2σを抜けていたら強いトレンド発生と判断し、順張りで売り・買いを行います。

ちなみにトレンドは伸びることが多いので、値動きが緩やかになってきたときに決済することで利益を大きくすることができます。ボリンジャーバンドは視覚的にわかりやすいテクニカル指標となっているので、FX初心者のあなたにもおすすめです。

FX初心者と相性が良い「パラボリック」

パラボリックはトレンドを「2色の点線」で表したテクニカル指標になっており、FX初心者でもトレンドが一目でわかるようになっています。

一般的にチャートに表示させると、赤い点と青い点で曲線を描く図が表示されます。パラボリックでは点線が青から赤、もしくは赤から青に変わった時がトレンドの転換を表しています。

トレンドが切り替わった後もしばらく同じ色が続いたらトレンド発生と判断し、トレンド方向へ売り・買いを行うことで有利に売買を行うことが出来ます。色でトレンドを表してくれるのでFX初心者でも順張りするタイミングが判断しやすいと言えますね。

順張りはFXの世界では最も王道のトレード手法なので、FX初心者のあなたもしっかり順張りを把握しておくことをおすすめします。

動きがない相場に有利な「逆張り型」トレード

逆張りの説明

FX初心者におすすめの2つ目のトレード手法は「逆張り」という手法になります。

「逆張りトレード」というのは順張りとは反対に、相場の流れとは逆方向に売り・買いを行うことをいいます。例えば相場が上向いたときに「売り」、下降した時に「買い」といったように売買をすることになります。

逆張りでトレードを行う際は、先ほど紹介した「ボリンジャーバンド」や「パラボリック」以外にも「RSI」というFX初心者向きの指標もあります。

タイミングを判断する目安になる「RSI」

RSIというテクニカル指標は売り・買いのタイミングを把握するために、高値と低値を%で表示したものです。イラストのように「80%・20%」という数値を設定すれば、FX初心者のあなたも値幅の動きが一目でわかるようになりますね。

そして先ほど紹介したボリンジャーバンドと組み合わせれば、FX初心者のあなたもより簡単に売り・買いのタイミングを判断することが出来ます。

例えばボリンジャーバンドの-2σに触れている、且つ20%以下に推移している場合に「買い」をするなど一目で判断できるようにわかりますね。このようにFX初心者のあなたがRSIで逆張りをする際にはボリンジャーバンドも一緒に活用してみることをおすすめします。

当サイトにはボリンジャーバンドやRSIなど、FX初心者が覚えておきたい基本的なテクニカル指標をまとめたコンテンツもあります。もっとテクニカル指標を覚えたい!というFX初心者のあなたはこちらをどうぞ。

FX初心者が覚えたいおすすめのテクニカル指標の詳細はこちら

FX初心者でも簡単に勝てる「スキャルピング」

超短期売買スキャルピング

最後に紹介するFX初心者向けのおすすめ手法は「スキャルピング」というトレード手法になります。

スキャルピングというのは数十秒~数分間に何回もトレードを繰り返すトレード手法のことをいい、FX初心者にも向いているトレード法として人気があります。スキャルピングは短期間で何回も売買を繰り返すので一回で得られる利益は小さい分、損失リスクが低いというメリットがあります。

ちなみにFX初心者のあなたがスキャルピングを上手く行うコツとして「スプレッドが狭い」、そして「約定力が高い」という2つのコツがあります。それぞれ見ていきます。

提供スプレッドが狭いFX業者を選ぶ

FX初心者のあなたがスキャルピングを上手く行うために、提供スプレッドが狭いFX業者を選ぶことが重要になります。

短い期間で何回もトレードを繰り返すスキャルピングは、スプレッドが広いと手数料が非常にかかってしまいます。そのためFX初心者のあなたがスキャルピングをする際は、狭いスプレッドを提供しているFX業者で行えばコストを抑えることが出来ますね。

約定力が高いFX業者を選ぶ

FX初心者が気を付けたいもう1つのコツは「約定力」が高いFX業者でスキャルピングを行うことです。

約定力というのは「注文」をしてからその注文が「確定」するまでの速さや注文確定率の高さを表しています。つまりFX初心者のあなたも約定力が高い業者を選ぶことによって、思い通りのレートでトレードすることが出来ると言えますね。

一方、約定力が低いと注文時と確定時のレートが滑ってしまう「スリッページ」が発生してしまいます。スリッページが発生すると、自分の思い通りのレートでトレードが出来ないのでFX初心者のあなたは約定が高いFX業者を選ぶことをおすすめします。

当サイトにはFX初心者がスキャルピングを行う際のおすすめ業者や注意点などをまとめたコンテンツもあります。スキャルピングで稼ぎたい!というFX初心者のあなたはこちらをどうぞ。

FX初心者がスキャルピングを行う際のコツや詳細情報はこちら

3つのトレード方法のまとめ

今回はFX初心者のあなたが覚えておきたいトレード手法を3つ紹介してきました。ここまで紹介してきた手法をおさらいしてみます。

・ボリンジャーバンドやパラボリックを使って「順張り」を行う
・RSIなどのテクニカル指標を使って「逆張り」を行う
・スプレッドや約定力を意識して「スキャルピング」を行う

自分に合ったトレード手法を探しているFX初心者のあなたは、ここで紹介した3つの手法でFXに取り組むことをおすすめします。

次回は高確率で勝てる必勝トレード術をお届けします。乞うご期待ください。


PAGE TOP