マネーゲームの勝敗を分けるものとは?

マネーゲーム勝敗のポイントは?
このコンテンツでは「せっかく投資に取り組むなら成功したい」という願望をお持ちのあなたのために投資で成功するための6つのポイントについてまとめています。

投資で成功したいという願望をお持ちのあなたに聞きたいのですが、投資で成功するために一番大切なことって何だと思いますか?

今あなたにした質問を100人の現役投資家に投げかけると色々な答えが返ってくるはずです。色々な答えが返ってくることからも質問を投げかけた私が言うのも何ですが、投資の世界では絶対に成功する「成功マニュアル」なんてありません。

100%投資で勝てる成功マニュアルはないのですが、投資の勝率が確実に高まる勝率アップマニュアルは存在します。そのマニュアルは大きく分けると6つの項目に分かれており、6つの項目を知っているだけで投資の成功確率が最低でも30%上がるはずです。

このコンテンツでは知っているか知らないかで投資の成功確率が大きく変わる6つのポイントについて1つずつ紹介していきます。

情報の質と量が投資の成功と失敗を決める

投資というマネーゲームの成功と失敗を分けるのは情報の質と量です。例えば2008年に起きたリーマンショックというものをご存知でしょうか?

リーマンショックの概要を簡単に説明するとリーマン・ブラザーズというアメリカの金融機関が倒産したことを景気に世界中に金融不安が起きて金融市場が麻痺してしまった金融危機です。

リーマンショックの影響は日本国内でも甚大でリーマンの破産が明るみに出てからは円高が進み、日本国内の多くの企業の株価が大暴落しました。株価の大暴落のためにリーマンショックが原因で財産の大半を失った個人投資家もたくさんいました。

このリーマンショックのケースでポイントになるのはリーマン・ブラザーズの問題がアメリカで発覚してから日本市場に影響が出るまでのタイムラグです。実はアメリカでリーマンの破綻の疑惑が初めて報道されてから数日後に日本市場に影響が現れたのです。

リーマンショックで大きな損失を出した個人投資家も日本でリーマンの破綻が報道される前に情報を掴んでいれば保有銘柄が大暴落する前に売り抜けたのです。

リーマンのケースは極端かもしれませんが、投資の成功において最新の情報を素早く手に入れることがいかに大切であるかはわかったはずです。投資の成功には最新の情報の獲得が不可欠なので常に色々な情報源から最新の情報を集める努力をすると良いでしょう。

常に冷静な判断を行うように心がける

成功には冷静な判断が大事
最新の情報を集めることと同じくらい投資の成功に欠かせないのは目の前の状況に熱くならずに冷静な判断を行うことです。

あなたはスポーツや友人とのテレビゲームなどで思わず熱くなってしまうことがないでしょうか?熱くなると自分を取り巻く現状を客観的に分析できなくなりギャンブルのように運や勢いに任せた行動になってしまいます。

投資の成功に欠かせない冷静な判断を行うためにも自分のアクションが、自分の目指すゴールに合致するかのチェックが必要です。例えば投資で目指すゴールを、「借金をせずに今あるお金を現実的なペースで増やすこと」とします。

この場合ですとローンという借金を背負う必要がある不動産投資はあなたの目指す投資スタンスには合わないはずです。投資で成功するためにも何が自分にとって成功なのかを決める必要があるので投資のゴールの明確化は投資の成功に欠かせません。

投資の成功の鍵を握る目標の決め方についてはこれから紹介していきます。

金額と期限という2大ゴールを決めてから運用に取り組む

投資の成功に欠かせないゴール設定のポイントは、「目標となる金額」「目標の達成期限」を決めることです。目標となる金額と期限が決まれば狙う利回りと受け入れることになるリスクの大きさが分かるので明確な判断軸が出来上がります。

目標が決まればゴールから逆算して今やるべき投資行動が見えてきますし、目先の損益に固執して不用意なリスクを冒す確率が下がります。ギャンブルと違って投資は数年単位の長期戦ですので成功するためには大きく負けずに継続することが不可欠です。

大きく負けないためにも目標金額と達成期限という判断軸を作って軸に沿った投資行動を繰り返す必要があります。ここだけの話ですが、投資で成功するかしないかは運やセンスというよりも自分の判断軸に沿った行動を取り続けられるかどうかです。

プロでも熱くなれば投資で負けてしまうので投資で成功するためには明確な判断軸を決めて熱くならないことがポイントになります。長期的に投資で成功するためにも目標金額と期限を数値化して自分にとっての判断軸を明確にすることをおすすめします。

投資で成功するために必要な目標設定についてはこちら

先人の成功パターンと失敗パターンを学んで活用する

投資で成功するための4つ目のポイントは先人の成功パターンを真似し、先人の失敗パターンを避けることです。

まず成功パターンの模倣について紹介しますが、成功者の成功パターンを徹底的に調べると自分に応用できるものがたくさんあるはずです。例えば投資の世界における王道の成功術として投資銘柄を複数に分ける「分散投資」があります。

分散投資で結果を出している人の投資手法を真似すれば投資経験が乏しくてもある程度筋の良い分散投資が出来ます。何事も守破離という法則がありますが、成功者の真似をすることは投資の世界でも非常に役に立ちます。

次に先人の失敗パターンを避けることについて説明しますが、株式投資であろうとFXであろうと王道の失敗パターンがあります。インターネットや書籍を通して先人の失敗体験談に目を通すだけで代表的な失敗パターンを学ぶことが出来ます。

投資の世界で有名な言葉の1つに「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」という言葉があります。この言葉の通りにあなたが取り組もうとしている投資で失敗した人の体験談や主な失敗パターンを調べれば先人が冒したミスをするリスクが下がります。

徹底的に失敗パターンを学んでその逆を行うだけで失敗リスクが下がりますし、成功確率も飛躍的に高まります。投資で成功したいのでしたら先人の成功パターンと失敗パターンを学ぶことは不可欠なアクションと言えるでしょう。

長期的に勝ち続ける秘訣は損切りを躊躇しないこと

40
長期戦がベースとなる投資で成功するためには躊躇せず「損切り」を行う必要があります。損切りは投資の世界で最も大切な行為の1つなのですが、9割の投資家はこの損切りが上手く行なえません。

ほとんどの投資家が損切りで失敗する理由は、損失を認めたくないという感情から損失を取り戻そうとしてしまうからです。頭では損切りの大切さを分かっていても損切りを上手く行えずいたずらに損失を積み重ね、結果として大きく負けてしまいます。

何度も紹介しましたが投資は長期戦ですので成功するためには大きく負けずに投資をやり続ける必要があります。逆に言うと大きく負けないだけで投資の成功確率は飛躍的に高まるので負けが決まった場合はすぐに撤退する勇気を持つことが大切になります。

投資の世界では負け戦で戦うことは勇気でもなく無謀なことです。投資で成功したいのでしたら負けが決まった時点で負けを認めて「スパッと」売却して次に備えられるかどうかが成功と失敗を分けます。

現に筆者の知人や友人の中で投資で結果を出している人は例外なく損切りが上手く大きく負けないことを第一に投資に取り組んでいました。損切りには勇気がいりますが、投資で成功するためには最も大切なポイントになりますので逃げる勇気を持った方が良いでしょう。

小さくはじめて徐々に投資の規模を広めるようにする

投資の成功に欠かせない6つ目のポイントは、「最初は少額からはじめて徐々に金額を増やす」です。

投資結果と投資経験はある程度正比例するので投資に慣れるまでは我慢の時間が続く可能性が高いです。それに投資に慣れない間は失敗をすることもあるので投資額を小さくすることで発生する損失額を小さく抑えることはとても大切です。

長期的に投資で成功するためにも少額資金で投資を繰り返して投資で成功するコツをつかみ、投資で成功するための自分ルールを確立していきます。しっかりと勝てる法則が出来上がってきたら、投資する金額を増やして本格的な勝負に取り組みます。

最初は小さくはじめて経験値と知識量が増えてから徐々に投資額を増やすというのが素人投資家が投資で成功するための王道の戦略です。いきなり大きな金額を賭けるわけでもないので損失リスクも小さく収まるので最初は小さく着手することをおすすめします。

投資の成功欠かせない6つのポイントのまとめ

6つのポイント理解で投資は成功
このコンテンツでは素人投資家が投資で成功するために心がけたい6つのポイントを紹介してきました。今回紹介した6つのポイントを改めてまとめてみましたので一緒に振り返っていきましょう。

今回紹介した6つのポイントを押さえた上で投資を継続するだけで投資の成功確率が大きく上がります。6つのポイントは心がけ次第で誰でも取り組めますので投資で成功したい方はこのコンテンツでまとめた6つのポイントを意識した方が良いでしょう。


PAGE TOP