最適なFX初心者向けのレバレッジの倍率や設定方法を徹底解説

適切な倍率や 設定方法

このコンテンツではFX初心者が知っておきたいレバレッジの最適な設定やリスク・リターンの関係をまとめています。

「レバレッジってどうやって設定するのかな…」
「FX初心者に最適なレバレッジは何倍なの?」

レバレッジは信用取引の一つです。レバレッジはFXの最大の魅力であるといっても過言ではなく、この仕組みのおかげで大きな資金がなくてもすぐに信用取引を始められるのです。こういったメリットがある反面、FX初心者のあなたからすればやはり損失のリスクも気になるのではないでしょうか。

上手く使えばFX初心者でも一攫千金を狙うこともできますが、一歩間違えれば大きな損失のリスクがあるといわれています。リーマンショックの時には多くの投資家が損失を抱え、レバレッジ規制のきっかけともなりました。

一体どのようにすれば初心者が損失のリスクを回避できるのでしょう。

そこで今回はFX初心者が気になるレバレッジの基本設定方法、FX初心者におすすめのレバレッジレートを紹介していきます。このコンテンツに目を通してもらえれば自分に合ったレバレッジレートがわかるので、FX初心者でも安定したトレードが行えます。

いまさら聞けないFXにおけるレバレッジとは?

レバレッジとは?

FX初心者もレバレッジという言葉は聞いたことがあるかと思います。

レバレッジはFXの代表的な仕組みですので、初心者も必ず覚えましょう。もちろん意味は十分に理解しているという初心者もいらっしゃると思います。おさらいも兼ねて、FXで使えるレバレッジがどのようなものなのかを見ていきましょう。

レバレッジというのは「テコの原理」のように小さい資金で大きな額のトレードが行えるシステムのことをいい、FXが持つ大きな魅力の1つです。現在では国内は最大25倍までのレバレッジを使ってトレードを行うことが出来ます。

例えばFX初心者が10万円のトレード資金にレバレッジ25倍を利用すれば、10万円×25倍=250万円分のトレードができることになります。このようにレバレッジを使えば少ない資金でも大きい規模のトレードを行うことが出来ますね。

ちなみにレバレッジを使う際には担保代わりに「必要証拠金」という金額を口座内に入れておく必要があります。そこで次に、FX初心者がレバレッジを利用する際に知っておきたい「必要証拠金」についても見ていきます。

レバレッジを利用する際に必要な「必要証拠金」とは?

必要証拠金というのはレバレッジを利用する際に最低限口座内に入れておかなければならない金額のことをいい、FX業者への担保になります。そんな担保代わりになる必要証拠金は「保有するポジション(為替レート×取引量)÷最大レバレッジ」という計算式で知ることが出来ます。

例えばFX初心者は最大レバレッジが25倍のFX業者でトレードに取り組んでいるとします。

1ドル100円の時に1万ドル分(100万円相当)の取引金額(ポジション)の売買を行う場合、100万円÷25倍となるので必要証拠金は4万円となります。

このケースでFX初心者が取引する場合は、口座内に最低4万円あればレバレッジを利用できるということになりますね。必要証拠金はレバレッジを利用する上で必須ですので、FX初心者は覚えておくことをおすすめします。

次に気になっている初心者も多いレバレッジの設定方法について見ていきましょう。

初心者

トレード初心者が気になるレバレッジの設定方法とは

レバレッジの設定法

FX初心者の方によくあるのが、レバレッジは初心者の自分自信で設定するものだと誤解してしまうことです。つまり1倍~25倍までのレバレッジを自由に設定してトレードできると勘違いしているFX初心者が多く、いざ始めてみると設定できない!という声をよく聞きます。

もちろん自分で設定できるFX業者もありますが、ほとんどの国内業者は自動で設定されます。

ではどのようにレバレッジは設定されるのでしょうか?

その答えはズバリ、口座内の資金と注文したトレード金額によってレバレッジは設定されます。実際には「レバレッジ=注文金額÷口座内の資金」という計算式で算出されます。

例えばFX初心者のあなたが10万円をFX口座に預け入れたとして、1ドル=100円の時に1万ドル(100万円相当)の注文をしたとします。

この場合は1万ドル(100万円相当)÷10万円となるので、レバレッジ10倍と設定されます。

FX初心者のあなたは自分の思い通りのレバレッジでFXに取り組むためにも、まずこの計算式を覚えておくことがポイントです。

レバレッジを利用したときのリスク・リターン

利用の際のリスクとリターン

ここまでFX初心者向けにレバレッジの最適な設定方法について見てきました。それらを踏まえて次に、FX初心者がおさえておくべきレバレッジという信用取引におけるリスク・リターンの関係性を見ていきます。

ここでは、1ドル100円の時に異なるレバレッジを利用したFX初心者のAさんと同じくFX初心者Bさんのケースでリスク・リターンをみていきます。

・Aさん:10万円の口座資金で1万ドル分(100万円相当)を注文したのでレバレッジは10倍
・Bさん:40万円の口座資金で10万ドル分(1,000万円相当)を注文したのでレバレッジは25倍

それぞれが為替レートが変動すると二人のFX初心者損益はどうなるのかを一覧にしてまとめてみました。

為替レート Aさん(レバレッジ10倍)の損益 Bさん(レバレッジ25倍)の損益
1ドル=110円(↑) +10万円 +100万円
1ドル=100円 ±0 ±0
1ドル=90円(10円↓) -10万円 -100万円

このようにレバレッジを高くして、注文金額が多いFX初心者Bさんのほうが損益幅は大きくなっていますね。つまり高いレバレッジで大きな金額のトレードをするとリスク・リターンもその分大きくなると言えます。

ちなみに無理なレバレッジを利用して大きな損失を出してしまうと、FX初心者が特に避けたいロスカットという強制決済システムが発生してしまいます。そこで次に、レバレッジを使う前にFX初心者が知っておきたいロスカットについて見ていきましょう。

FX初心者が絶対避けたい「ロスカット」とは?

ビギナーが避けたいロスカット

ここではFX初心者がレバレッジを利用する際の注意点として「ロスカット」を見ていきます。ロスカットは、FXの取引中に含み損がある一定値以上出てしまう場合発生する強制決済システムのことをいいます。(※含み損とは、決済前のポジションが持つ損失見込みのこと。)レバレッジによるリスクはロスカットと密接に関係しています。

FX初心者のあなたがどんなに損失を受け入れ難い状況であっても、ロスカットは、一度発生すると取引自体を終わらせてしまいます。つまりFX初心者のあなたがレバレッジを利用する際は、どのようにすればロスカットによる損失を回避できるかを計算しなければなりません。レバレッジを利用する際に計算を誤るとロスカットによる損失リスクが高まります。ではFX初心者がレバレッジを利用する際、どのように気をつければいいのか。そのレバレッジの倍率とリスクを考える目安となるのが証拠金維持率です。

ちなみにロスカットが発生するタイミングは証拠金維持率を基準にしています。証拠金維持率はFX初心者のあなたがレバレッジとロスカットの関係を理解していく上で必要ですので、ここで少し補足していきます。

ロスカットの発生タイミングになる「証拠金維持率」とは?

ここではまず、証拠金維維持率がどのようなものなのかを見ていきましょう。

証拠金維持率というのは口座内の資金とトレードしている金額の割合を表すもので、「有効証拠金÷必要証拠金×100」という計算式を使って算出することができます。(※有効証拠金というのは含み損などを口座内資金から差し引いた額のこと)

FX初心者のあなたは難しそうな単語や計算式が出てきてよくわからないと思うので、ここで具体例を使って解説していきます。

例えばFX初心者のあなたは、最大レバレッジが25倍のFX口座内に10万円の資金を預け入れていたとします。1ドル100円の時に10万円の資金で1万ドル分(100万円相当)の注文を行ったとすると、

100万円÷25倍=4万円(保有するポジション÷最大レバレッジ=必要証拠金)

となりますね。持っているポジションに含み損がまだないと仮定すると、有効証拠金は口座内資金の10万円になります。

これを先ほど紹介した式に当てはめると、10万円÷4万円×100=250%となります。

つまりこのケースでは「証拠金維持率250%」というような言い方をし、ロスカットはこの証拠金維持率を基準に発生します。FX業者によって異なりますが、一般的にロスカットは証拠金維持率が50%~100%を下回ったら発生するのでこの段階では安全にトレードしていると言えますね。

ではこの後、為替レートが1ドル94円にまで下がってしまうと証拠金維持率はどうなるのでしょうか?

1ドル94円にまで下がってしまった時点で、100万円相当あった1万ドルのポジションは94万円相当になります。つまりこれが「含み損6万円」というわけです。

すると10万円だった有効証拠金から含み損として6万円が差し引かれるので、有効証拠金は4万円になります。

これを再度計算式に当てはめると4万円(有効証拠金)÷4万円(必要証拠金)×100となり、証拠金維持率は100%となります。

ロスカットの発生が証拠金維持率100%以下のFX業者だった場合、このケースはロスカットギリギリの状態となります。FX初心者のあなたが安定したトレードを行うためにも、ロスカットは避けた方が良いというのがなんとなくおわかりになったでしょうか?

FX初心者のあなたはロスカットを避けるためにも、口座内資金やポジションがどうなっているのかを常に把握しておくことがポイントになります。

理想は何倍?FX初心者におすすめの倍率とは

始めはは5~10倍がおすすめ

ここまでFX初心者が知っておきたいレバレッジの特徴やリスク・リターンの関係性について見てきました。「じゃあ実際FX初心者には何倍のレバレッジが良いの?」と疑問を持つ方もいるかと思います。そこでここでは、FX初心者におすすめの倍率について見ていきます。

ズバリ、FX初心者におすすめのレバレッジレートはありません。

え?と拍子抜けしてしまうかもしれませんが、FX初心者に限らずそれぞれ目標やトレードに使える資金は異なります。その上であえて言うのであれば、レバレッジレートがどうこうではなく、より高いレバレッジを提供しているFX業者でトレードに取り組むことがおすすめです。

驚く方もいるかもしれませんが、FX初心者のあなたはハイレバレッジを提供しているFX業者を利用すればより安全にFXに取り組むことが出来ます。FXに関連する本や情報サイトでは「FX初心者の内は低いレバレッジで運用しましょう!」と書いてあることが多いですよね?

でも実は、ハイレバレッジを提供しているFX業者などのほうがFX初心者のあなたも安全にトレードを続けることができるのです。ではなぜ高いレバレッジを提供しているFX業者のほうが安全にトレードに取り組むことが出来るのでしょうか?

高いレバレッジのほうが安全に運用できるワケとは?

トレードを強制的に決済してしまうロスカットの発生リスクを下げるためには、証拠金維持率を高く保つことがポイントになります。そしてこの証拠金維持率を高く保つためには、最大レバレッジが高いFX業者を利用して「必要証拠金を少なく抑える」ことが最も効果的だと言えます。

つまり、最大レバレッジが高いFX業者を利用すれば必要証拠金も下がるので、ロスカットになるリスクを抑えることができるというワケです。ちょっと待ってよくわからない!というFX初心者の方もいるかと思いますので、ここで具体例を用いて見てみます。

例えば最大で1000倍のレバレッジが使えるFX業者の場合、1万ドル(100万円相当)の必要証拠金は100万円÷1000=1,000円になります。

ということは口座内に10万を預け入れていた場合の証拠金維持率は10万円(有効証拠金)÷1,000円(必要証拠金)×100=10,000%となります。

このことからわかるように、実は最大レバレッジが高いFX業者のほうがロスカットの発生リスクを抑えながら安全にトレードすることができるのです。ちなみに25倍より大きなレバレッジを使うには、法人口座を開設する海外のFX業者を利用するしかありません。

とはいえ、法人口座も徐々に最大レバレッジが低くなってきています。それを考慮するとFX初心者のあなたが安全にトレードするには海外のFX業者を利用するというのが有効だと言えます。

当サイトには海外のFX業者を利用するメリットや注意点をまとめたコンテンツもあります。海外のFX業者で安全にトレードに取り組みたいFX初心者のあなたはこちらをどうぞ。

ここまでのまとめ

今回はFX初心者のあなたが覚えておきたいレバレッジの基本や注意点について解説してきました。FX初心者のあなたはまずレバレッジがどのようなものなのか、そしてどのくらいのリスク・リターンがあるのかを把握することが重要です。

それを把握したうえでFX初心者のあなたはロスカットにならないような安定したトレードを行うことがポイントです。

当サイトにはこの記事を読んでいる方からよく読まれている関連コンテンツもありますので、宜しければこちらもどうぞ。

必見!FX初心者がトレードで勝つためのコツはこちら


PAGE TOP